2020/07/10 12:43

7月に入り小麦も色づいてきています。

九州地方など大雨の影響を受けた犠牲者の皆様にはこの場を借りてお見舞い申し上げます。北海道地方では今のところ影響もなく、6日に十勝総合振興局から発表された1日現在の作況によると、秋まき小麦は6月下旬は日照不足だったが、上旬までの好天で最低気温が高く推移し地温が確保され、生育の遅速に影響は出ていない。小麦は受粉が良好で生育が1日進むなど、「全体的に順調な生育」(農務課) となっています。

皆様からご支援いただいた資金をもとに購入した「ストップエース」が納品されました。小麦生産者の皆様へは随時配布し今後に備えます。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?