2020/07/12 11:28

土曜日はアニマルコミュニケーションの日。

上野のcafeにてセッションさせて頂きました。

緑が眺められるcafeは落ち着きます。


保護犬さんとお話しさせて頂く機会もあります。

飼い主さんはワンちゃんの過去が気になり

どんなひどい目に合っていたのか聞いて欲しいと依頼されます。


聞いてみると辛い過去では無く

「今自分がどんなに幸せか・どんなに大切にされているか」

から話始めることが多いです。

「辛い過去・・・そんな事もあったねー。」

「それでね、今はねお散歩に行けるの!」

「それでね、今は甘えられるし抱っこして貰えるの!」

一通りお話しした後に、聞きたいなら話すけど辛い過去では無く

幸せな今を感じて欲しいというニュアンスを伝えてくれます。

あまり何度も辛い過去ばかり聞くと

「そんなに不幸な子にしたいの!?」と怒られることも(笑)



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?