2020/09/11 12:00

こんにちは、キズキスタッフの諸麥(モロムギ)です。

今回は、私たちが運営する就労移行支援事業所「キズキビジネスカレッジ」から活動報告をお届けします。

コロナウイルスの影響下で厳しい就職事情ですが、キズキビジネスカレッジ(以下、KBC)では、就労・復職を実現する方が増えています!

■就労を実現した方の一例をご紹介

以下、一例ではありますが、発達障害やうつ病、適応障害について悩みを持つ方が、就労・復職を次々と実現しています。

================

・ADHDの特性に悩む方が『就労継続支援のスタッフ』として就職

KBCに2ヶ月間在籍した後、就労継続支援のスタッフとして就職。

Webマーケティング系講座、コミュニケーション講座、自己理解講座(※)などを中心に受講し、スキル習得とメンタル面の改善に取り組まれていました。

================

・ADHDの特性に悩む方が『事務職』として就職

KBCに4ヶ月間在籍した後、事務職として就職。

英会話講座や睡眠に関する個別相談などを通して、スキル習得と生活リズムの改善に取り組まれていました。

================

・うつ病で休職中だった方が『事務職』として復職

KBCに2ヶ月間在籍した後、事務職として復職。

自己理解講座、睡眠に関する個別相談などを通して、生活リズムやメンタル面の改善に取り組まれていました。

================

・適応障害の症状に悩む方が『経理職』に就職

KBCに2ヶ月間在籍した後、経理職として就職。

会計講座などを中心に受講し、スキル習得に取り組まれていました。

================

(※)自己理解講座とは、生活面や働き方に影響する自身の特性を理解し、必要な対策をたてる前の「自己認知」を深めていくための講座です。

KBCでは、発達障害やうつ病などによる悩みを抱えた方が、多様な進路への就職を実現できるように、高度で専門的なスキルが基礎から学べるプログラムを用意しています。

KBCを利用される方それぞれの特性にあったゴールを提案した上で、そのために必要なプログラムを用意して、利用される方が納得できる就職を応援しています。

■就労を実現した方からのコメント

最後に、就労を実現した方からのコメントをご紹介します!

================

生活リズムの乱れから、毎日の睡眠時間もバラバラで、立て直しが必要な状態でしたが、適切な知識とアドバイスが得られることで、改善の傾向が見られました。

================

「強みがない」「これからどうしてよいかわからない」といった状態でしたが、スキルだけでなく精神面でも自信を持つことができました。

================

「障害者枠」に対する印象が大きく変わり、働き方の幅を広げることができたので、自身の就労における選択肢を広げることができました。

================

このように少しずつではありますが、皆さまからの支援が形となり始めています。

まだまだ、コロナ以降の就職情勢は厳しい状態が続きそうです。

しかしKBCでは、発達障害やうつ病などに悩む方への就労支援を滞りなく行っていきますので、ぜひ私たちの活動を引き続き見守っていただければと思います。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?