2020/06/30 04:35

クラウドファンディングの募集終了日まで残り24時間となりました。


皆さんのお力添えによって1,803,700円の資金が調達でき、130名様の方にご支援いただく事に成功いたしました。


クラウドファンディングに挑戦するのは初めてで、右も左もわかりませんでしたがクラウドファンディングをやって本当によかったと思います。


資金調達の仕方は他にもたくさんありましたが、人と人との繋がりを大切に考えるクラウドファンディングのシステムに惹かれて挑戦させていただきました。


今もまだ深いコロナのトンネルの中ではありますが、恐らくコロナのピーク時の絶頂でもあるといえる5月中に始めたクラウドファンディング。


クラウドファンディングを始めて、皆さんからたくさんのメッセージをいただきました。


リターンは、【イタリア郷土料理の普及】を願うものや、【イタリアの食文化の普及】に繋がると考えているもの、【レストランとしての可能性の提案】を盛り込んだものをご用意させていただきました。運営側から支援者の方からメッセージが届く場合があると聞いていたので、リターンの内容に対するコメントを頂戴できるものかとばかり思っておりました。


しかしながら、皆さまから届くメッセージは想定外のコメントが記されていました。


そのほんの一部をご紹介させてください。


【友人に連れていってもらったのがきっかけで、今井さんと、今井さんのお料理とビジョンのファンになりました。そしてスタッフの方々のサービスも素晴らしくて! 

素敵なリターンたくさんありましたが、これからも今井さんのお料理を、みなさまのサービスと共に美味しくいただくことが、私にとっては何よりのリターンですっ! 

応援になることを願っております!】


【三茶のころから大好きなペペロッソさんが近所にできることを知り主人と工事前の店舗の前でガッツポーズでした。プレオープンのパーティーからその後も何回か食事をさせていただき、いつも幸せと感動を味わわせてくれる最高のレストランです。 

最近通りかかると何となく元気がない気がして何とか頑張ってほしい、何か出来ることはないかと考えていました。微力ながらもこういう形で支援出来る場を提供頂きありがたいです。 

家族みんな応援しています。今後も心のこもった素晴らしいお料理楽しみにしています!】


【今井シェフ、スタッフの皆様大変ご無沙汰してます。

なかなかお店に顔も出せず大変申し訳ございません。

ぺぺロッソのお店の為に少しでも力になれたらと思い、支援を決めました。

絶対に無くしてはいけない大好きなお店。

私は応援してます。

そして時間を作り、まずはテイクアウトも含めて必ず行きます。

お身体にはくれぐれも気をつけてください。】


【ぺぺロッソのおかげでイタリアンがもっと好きになりました!絶対なくならないでほしいお店です。また美味しいもの食べさせてください。応援してます。】


他にもこのような内容のメッセージが本当にたくさん、、、


『涙』、、、、でちゃいますよね。


有象無象の危機に直面し、疲弊しきっていた私の心に、皆さんの優しい心温まる『お言葉』からエネルギーをいただきました。


日々届く皆さんからのたくさんのエール。

鳴り止まないメッセージはまさに声援を浴びるような感覚でした。


映画でもドラマでもないリアルな展開。


私は、クラウドファンディングの資金調達に挑戦して【感激】いたしました。


目標金額にこそ届いておりませんが、私はクラウドファンディングに挑戦して、心からよかったと断言いたします。


皆さんからいただいた激励のお言葉は、本当に辛かったあの時期のペペロッソ一同の励みとなり、支えとなりました。


言葉の力って本当にすごい。


満ち溢れる気持ちから、想いのこもったリターンを増やす事ができました。


アイデアを提案し続けてくれたBASE FOODチームの皆さん、ご協力してくださった生産者の皆さんには感謝しかありません。


ペペロッソのクラウドファンディングをご支援、拡散してくださった皆さん本当にありがとうございます。


スタッフ一同、今回のクラウドファンディングにて、心に残る消えない財産を手に入れる事ができました。


そんなペペロッソのクラウドファンディングも残すところ24時間を切りました。


人との繋がりを大切にする資金調達クラウドファンディング。


コロナの時期に出会ってよかった。


withコロナと呼ばれるこの時代。


緩和はされつつもありますがまだ抜け出せたとは言えない現実。


その中で踏み出した一歩。


私たちペペロッソは、皆さんからいただいた『想い』を新たに乗せて進みます。


私たちの挑戦の結果が誰かの何かのきっかけになれれば幸いと思い綴らせていただきました。


https://camp-fire.jp/projects/view/281421

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?