2020/09/30 16:42

おかげさまで、記念すべき第1回ゆいシネマ上映会は無事終了いたしました。
2日間合計でぴったり100名のお客さまにご来場いただきました!

あらためまして、ご支援くださったみなさま、お運びくださったみなさま、SNSなどで応援してくださったみなさま、会場すけあくろのスタッフのみなさま、配給会社さま、本当にありがとうございました。ゆいロードシアターで顔見知りになったお客さまが駆けつけてくださり、たくさんお祝いの言葉をいただいたり励ましていただいたり、ありがたい2日間でした。初めてのことで感慨に耽る間もなくばたばたと過ぎてしまいましたが、無事開催できてほっとしました。

また、リターンのチケットをお持ちなのに「これはまた次に」と言ってくださる方が多く…、さらなるご支援、心して受け取りました。あらためてお礼申し上げます。(チケットご利用も大歓迎です!)

以下、動員の詳細をご報告させていただきます。

第1回ゆいシネマ上映会『野火』『わたしは分断を許さない』
於:JAZZ BAR すけあくろ
鑑賞料金:1000円
動員数:
26日(土)
『野火』計25名『わたしは分断を許さない』計28名
合計53名
ーーーーーーーーーー
27日(日)
『野火』計19名『わたしは分断を許さない』計28名
合計47名
ーーーーーーーーーー
2日間合計100名

ご寄付合計6,000円

以上となります。ご来場、誠にありがとうございました。

そして!第2回ゆいシネマ上映会のおしらせです。

『ようこそ、革命シネマへ』

2019年/フランス、スーダン、ドイツ、チャド、カタール/97分/アニモプロデュース
監督:スハイブ・ガスメルバリ
出演:ヒム・シャダッド、スレイマン・イブラヒム、エルタイブ・マフディ、マナル・アルヒロhttps://animoproduce.co.jp/yokosokakumei/

90年代なかば、ほぼ全ての映画上映が禁止された独裁政権下のスーダンを舞台に、一夜限りの映画館復活を目指す映画人たちを追ったドキュメンタリー。海外で映画を学び、スーダンで映画を製作してきたイブラヒム、スレイマン、エルタイブ、マナル。1989年には、スーダンに映画文化を根付かせるため「スーダン・フィルム・グループ」を設立、同年に誕生した軍事独裁政権によって言論の自由が奪われ、映画は発禁処分、彼ら自身も国外への亡命を余儀なくされた。20年以上の時を経て、映画産業が崩壊した母国スーダンで再会した4人。郊外の村で細々と巡回上映を続けていたが、「愛する映画を再びスーダンの人々のもとに取り戻したい」と、一夜限りで映画館を復活させるために動き始める。

会場:波照間島 島もの食堂&染織工房あやふふぁみ
https://ayaffami.thebase.in
日時:11月7日(土)or 8日(日)※調整中
鑑賞料金:1000円

以上となります!2回目にして石垣島を飛び出してさらに南の波照間島へ。
90年代半ばよりほぼ全ての映画上映が禁止されたスーダンで「映画上映を復活させたい」と奮闘する4人の映画人の物語です。
波照間島で、しかも大人気のあやふふぁみさんで上映できてとてもうれしいです。
詳細は、HPやSNSで発表させていただきます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?