2019/02/01 10:01

カンボジアでは、数少ない機械化された加工工場の視察です。

収穫されたカシューナッツは、

食べられるようになるまでは、たくさんの工程があります。

 

 

大きさで選別

 

上のタンクに入れて、下の釜で蒸し焼き。

 

機械で殻割り

 

きれいに並べてロースト

 

異物が混ざっていないか確認

 

薄皮を手作業で取り除き

 

真っ白に仕上げます!

 

皆さん、帽子・マスク・手袋を着用して、衛生管理はバッチリでした。

ここの工場は、台湾の方がオーナーで鉄の仕事もしているので、室蘭にも行ったことがあるそうです。

最初は怪訝そうな表情でしたが、「HOKKAIDO」のフレーズで一気に和み、中国語・英語・カンボジア語・日本語が入り混じった不思議な会話で盛り上がりました。

 

先方の中国語通訳、こちらの日本語通訳、非常に大変だったと思います。

暑い中、ありがとうございました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?