2018/04/03 13:45

1月11日から募集をはじめた『津軽海峡・大間沖に沈んだ旧日本海軍特務艦「豊国丸」を後世に伝えたい』プロジェクトに本当に多くのみなさまからご支援をいただき、おかげさまで3月26日に目標金額の200万円に達成しました。

私自身は遺族ではないものの、大間町に住む人間の一人として、元海上保安庁職員として、そして戦争を知る人間の一人として、遺族会が解散した後も、有志の方々と共に慰霊碑を綺麗にし、毎年7月には慰霊祭を執り行ってまいりました。

このたび、みなさまから頂戴したお気持ちに本当に感謝しています。

この慰霊碑を修復し残していくということは、今ある平和を未来永劫に残し続けていくということです。

これからはプロジェクトにご賛同いただいたみなさまのお気持ちを確かに受け止め、今年7月の慰霊祭に向けて慰霊碑修復作業に入っていきます。

お礼の品などに関しては、完成写真とあわせて発送をしていきたいと思いますのでしばらくお待ちいただくことご容赦願います。

引き続きこのレポートページで進捗状況などご報告していきますのでご覧いただけると幸いです。

2018年4月  豊国丸慰霊碑修復プロジェクト代表 工藤 竹美

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?