2016/07/03 18:31

 さぁ、来ました!

第21回関東パラ陸上競技選手権大会2日目 木下選手の本命の100Mレースです!!

サポートの土屋から報告します。

 

今日は昨日とは違い、14時05分からのレースです。

 

今日も、渡川山村商店様のサポートで会場設営がされ、日頃から木下選手をサポートする方などが会場に集まってきました。

 

今日は、現地大会事務局からプレス専用のビブスを渡され、正式に許可をもらい記者関係エリアからも中継です!

(現地サポート・スタッフの國津さん、ありがとう!)

 

昨日よりも中継してくれるスタッフや関係者の動きやトークもスムーズです!

 

そして、今日はスペシャルゲストで いつも木下選手の練習をサポートしてくれている宮大教育学部の鶴田さんが、木下選手のいつも練習についてなどの詳しい情報について解説してくれました。

 

 

さぁ、100Mがはじまる!

 

昨日と今日と2日間とも現地からはスタッフのiPadによるツイキャスでの中継です。

 

そのため、日本全国の方からの応援メッセージも届き、中継会場は俄然盛り上がってきます!

木下選手のレース前のインタビューでは

「こちらは、36度になっていて大変暑くなってきており、結構キツいですが、自分の記録を超える結果をだせるように頑張ります!」

とのコメントもあり、会場からは

「GO! 木下! GO!」との声があがります。

 

現地スタッフからは、脱水症などを心配する声もあがるほど、過酷な環境なようです。

 

木下選手のクラスの前のレースなどを中継でみながら、会場もイメージトレーニングをはじめます。

 

 

ここで、まさかのトラブル発生!

 

中継会場の回線が理由なのか、どうしてもツイキャス中継が止まってしまいます。。。

もともと、中継会場だけでの閲覧を想定しての企画だったのですが、思いの外多くの方からの応援メッセージも届き始めた時でしたが、こればかりはしょうがない。

 

ここで、Facebookビデオ通話での中継に変更!

(会場以外から応援していただいていたみなさん、ごめんなさい!)

 

 

スムーズな中継が実現!Facebookすごい!

 

スタート準備に入ってからも、どうも現地ではなにか起きているらしく、

スタートに手間取っているようです。これは選手たちは集中力も暑さもきつそうです。

 

ようやく、スタート!

 

 

 

 

木下選手は2番か3番かという序盤。

中盤からの巻き返しに会場では期待が高まります。

 

おぉ、行けそうかっ!!!!!!

 

会場からは

「行けーーー!!!!木下!いけーーーーーー!!!!」

という大きな声援!!!!

 

 

そして、ゴールへ。

順位は?タイムは????

 

会場では、みんなのはやる気持ちがあふれています。

でも、ゴールした映像をみていたみんなは

 

一斉に 拍手 です。

中継会場では、みんなから 選手全員に、そして木下選手の健闘に

大きな長い拍手です。

 

現地中継スタッフは、タイムをはかっているトレーナーへダッシュし、確認します。

 

た、タイムは?

気になるところですが、タイミングがずれてしまいちょっと正式発表されるまで、現地スタッフも会場も待つことになりました。。。

 

といことで、まずは木下選手の元にスタッフが走ります。現地では、ちょっと脱水を心配する声があがっています。

 

 

レース終了直後の木下選手は、体力的にも精神的にもだいぶキツイ様子です。

 

レースの結果は、

 

3位!

タ、タイムは!?

 

タイムは20.2秒!

 

向かい風が2.2メールということもあり、かなりの厳しい環境だったようです。

とはいえ、しっかりと力を出しきったことを感じるタイムでした。

 

公式タイムを踏まえて木下選手からは

「みなさんの応援、ご支援のおかけで、自分は一人じゃない。

 みなさんが応援してくれている!と頑張る事ができました。

 今回、結果は結果ですが、次に繋げていきたいと思います。

 本当に、ありがとうございました。」

とのコメントがありました。

 

宮崎に帰ってきてからのレポートをまたご報告します!

目指していた日本一には残念ながら、届きませんでしたが

皆様のご支援のおかげでチャレンジすることができました。

 

みなさま、ご支援ありがとうございました!

木下選手の挑戦、世界へのチャレンジはこれからも続けてまいります。

 

 

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?