2018/03/02 11:12

皆様、四万十鮎の天然コンフィのプロジェクトにご支援・ご関心を頂き、誠に有難うございます。よって西土佐の川井集平です。

 

本日は、皆様よりもお問い合わせを頂いております「四万十天然鮎のコンフィ」のお召し上がり方について、ご案内させて頂きます。

 

四万十天然鮎のコンフィは、真空パックに入れた状態でのお届け。ご自宅で、オーブンまたは湯煎で、お召し上がりになる直前に簡単な調理を頂く形を予定しております。

以下に、鮎のコンフィの簡単調理の方法、またオイルを使ったレシピをご紹介させて頂きます。

 

※鮎コンフィは冷蔵庫などで冷えていた場合は調理する前に常温に戻して調理して下さい。

 

オーブンで

STEP1 専用の鮎入り袋の端を少しカットし、オイルのみを別容器に取り出す。

STEP2 袋の片側をカットし鮎を取り出し、オイルをきった鮎をオーブンシートに乗せる。

STEP3 160℃のオーブンに約6分加熱する。

 

湯煎で

STEP1 沸騰した湯煎に専用の鮎入り袋のまま入れ弱火にして8分加熱する。

STEP2  袋の端を少しカットし、オイルのみを別容器に取り出す。

    ※熱くなっておりますのでご注意下さい。

STEP3 袋の片側をカットし鮎を取り出す。

 

簡単に丸ごとをお楽しみ頂けるようご準備をさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

続きまして、鮎コンフィのオイルを利用したおすすめレシピを二つほど。

こちらは東京赤坂のCROSS TOKYOの増山総料理長が考案を頂きました。

 

〇鮎コンフィオイル&ベーコンのペペロンチーノ

~材量(2人分)~

・パスタ         160g

・ベーコン         30g

・ニンニク          2片

・赤唐辛子          1本

・カブ(別のお野菜でも)   2株

・塩 胡椒          適量

・パセリのみじん切り   大さじ3

・鮎コンフィ用 オイル  大さじ3

 

~作り方~

1 フライパンにベーコンとニンニクと鮎コンフィ用のオイル入れて弱火で香りを出しながら加熱する

2 食べやすくカットしたカブを1のフライパンに加えさらにじっくり加熱していく。 

3 茹で上がったパスタを加え、仕上げに塩胡椒とパセリと鮎コンフィ用のオイルを加えさっと絡ませる。

 

〇ニース風サラダ 鮎コンフィオイルのヴィネグレットソース

~材料(2人分)~

・ジャガ芋        80g

・スナップエンドウ     6本

・レタス         60g

・トマト         1/2個

・黒オリーブ        4個

・鮎コンフィ(又はツナ) 60g

・アンチョビのフィレ    2本

・茹で卵          1個 

・バジルの葉        4枚

 

【鮎コンフィオイルのヴィネグレットソース】

・酢           大さじ1

・レモン汁        小さじ1/2

・鮎コンフィ用オイル   小さじ4

・塩胡椒         適量

 

~作り方~

1 ボウルに酢、レモン汁、塩胡椒を入れて良く混ぜ合わせる。鮎コンフィ用のオイルも泡立て器を使いながら少しずつ加えていき乳化させる。

2 器に食べやすくちぎったレタス・ジャガ芋・トマト・ブラックオリーブ・鮎コンフィ(又はツナ)・アンチョビのフィレ・茹で卵・スナップエンドウを彩り良く盛り付けドレッシングをまわしかけバジルを散らして仕上げる。

 

是非ご自宅で、ご用意させて頂いているワインと一緒にお楽しみ頂き、四万十川とフランスロワール川のマリアージュをお楽しみ頂ければと思います。

 

残り1週間となりますが、引き続き是非ご支援、御協力のほど、何卒よろしくお願い致します。

最後までお読みくださり、有難うございました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?