2014/12/17 09:57
こんにちは。ヤマガタ未来ラボの田中です。 プロジェクト終了から時間が経ってしまいましたが、今回の「UIターンの参考書」を作るプロジェクトに対し、ご支援いただきまして、誠にありがとうございました。 私の力不足により、プロジェクト不成立となってしまいましたが、多くの方に応援頂いて、本当に本当に嬉しかったです。 普段、UIターンについての活動を都会で行っていると、東京enjouyしてます!みたいな方からは、「え、田舎の何が良いの?」という反応を頂くことも多々ありますが、 今回支援頂いた方からの、「こんな本があったら読んでみたい!」という声を聞いて、求めている人もいるんだな、とわかって非常に勇気を頂きました! やっぱり、事前情報として、田舎へのUターンIターンについての考え方や情報を知っているのと知らないのとでは、その時を迎えた時の選択や満足度に大きな差が出ると思っています。 だから、「考えるための材料」は発信していきたいと思っています。ですので、ヤマガタ未来ラボが運営するメディア「ヤマガタ未来Lab.」にて、記事を書いて行くことにしました! Urターンの参考書 名前は「Urターンの参考書」。ユアターンとは、「自分らしく地域と関わって前向きなアクションを起こす」という私たちが常に大事にしている考え方(造語)なのですが、アクションを起こす際に参考になる情報を発信していきます。 「ユアターン」と格好よく(?)名前を付けていますが、結局のところ大事なのは、アクションを起こす事なんです。どんなに小さな一歩でも良いので、大事だと思う地域があるなら、自分なりに一歩踏み出すこと。 一歩踏み出すことで、視界が変わります。考える視点が変わってきます。少しずつ、一歩また一歩と進めていくと、ゆっくりでも、自分が納得がいく「地域との向き合い方」が見えてくると思います。 WEBで無料で見れるコンテンツにすることで、今まで「こそまで山形とか地域とかちゃんと考えたことなかったけど」という人にも見てもらえるように頑張りたいと思います! (私の文章力と、編集力にかかってきますね(汗)) また、今年度山形県の委託事業で、山形Ur-turnBOOKを作成しました。 UIターンの参考書で書こうと思っていた内容を重複する内容も含まれていますが、イラストや写真多めの全16Pのライトな内容です。 例えば、こんな内容。 この冊子は、ヤマガタ未来Lab.に会員登録(無料)し、住所を登録して下さった方に、無料で郵送する予定です。 ご興味のある方は是非!→ヤマガタ未来Lab.に会員登録(無料) 自社メディアやこのような冊子で情報を発信しつつも、経験を重ねて、 いつか「UIターンの参考書」を出版したいと思います! 目指すは商業出版・書店で平積みで販売です!(笑) そして、行政の事業に頼り過ぎず、自主事業で組織を運営し、成果にこだわって活動していきたいと思います。 今回は、皆様、本当にご支援ありがとうございました!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?