2016/07/29 23:35

クラウドファンディングも残り2日!
ただいま118名の方にご支援いただき、もうありがたいとしか言えません。
たくさんの方にシェアもしていただき、その一つ一つが嬉しくて、にんまりじんわりします。

 

そして、たった今、100%達成いたしました!
本当にありがとうございます。
もう何と言ってよいやら。今はまだソワソワしていきますが、明日明後日で少しずつ言葉にしていきます。

 

あと、2日。

やっぱり、ソワソワ。
それでも毎日の暮らしは続いて。

 

今日は、漬けていた梅を干しました。
少し遅くなてしまったけれど、梅干日和な今日干せてよかった

梅干の漬け方もよくわからず、もちろん干し方も。
それでも、いつもお世話になっている駅前の海産物屋さんのお母さんに教えてもらいながら漬けて干しました。

 

紫蘇の準備をしたり、甕に梅を移したり、梅を並べたりしながら、
幼いことの思い出や子育ての思い出などを聴く時間が好きです、
梅干しづくりを習いに行くのがとても楽しみなのです。

 

今日も梅を干しながら、昔梅干の紫蘇でつくったゆかりご飯が子供たちのおやつだった話などを聴いて、ほっこり。

 

綺麗なグラデーションの梅を干しながら、
ほんの一年前には、こんな日が来るなんて思っていなかったなーと思い、
とても感慨深い気持ちにもなりました。

 

お米屋さんをしに内野町にやってきたのですが、
今では町のいろんな方にお世話になっています。

 

物理的に近い距離にいる人たちと、心の距離も近くなっていく感覚は、
なんだか忘れ難い、大切なものです。

 

そして、ふと、この「大切にしたい」は、誰に伝えたいかなーと思いました。
今、一番に浮かんだのは今回のクラウドファンディングにいろんな形で支援してくださった皆さん。

 

内野町の方々や、イベントの手伝いなどをしてくれる大学生や友人たち、遠くから応援してくれる友人や家族など、今回のクラウドファンディングを応援してくれた全ての人たちに伝えたい気持ちはたくさんあります。
言葉だけでは伝えきれないほどに。たくさん、たくさん。

 

そして、きっと言葉だけで伝えていくものでもないのだと思います。
言葉だけでは伝えきれない。

 

今回、無事にクラウドファンディングは100%に達しました。
そして、次なる目標は支援者数をさらに伸ばすことです。

 

私たちにとっての支援者数は、仲間の数。
それは私たちの仲間、というだけではなくて、支援者同士も仲間だと思えるのが理想です。

 

この、一見すると受益者が少なくて、わかりにくい(ように思われる)プロジェクトに自分の感性を信じて支援してくれた人たちの仲間を増やしたいなと思います。

 「これでいいんだ」と思えるような、自分の感性を肯定できるような仲間を。
 
お金を支援してくださった方、記事をシェアしてくださった方、「いいね!」を押してくださった方、頑張ってと声を掛けてくださった方、
一人一人が良かったなと思えるようなものにしたいと思います。
 
なんだかよくわからない、と思われるプロジェクトだとしても、
 
なんだかよくわからないけれど、応援してよかったよね。
 
なんだかよくわからないけれど、参加してよかったよね。
 
が生めたら、それはコメタクのつくりたいものに近づいている証かもしれません。


まちもきっとそう。

「好き」なことに理由などなくて良いと思うのです。
「大切にしたい」という思いにも理由などなくて良いです。

 

理由が見当たらないほどに「好き」で「大切にしたい」ものほど尊いものはないはず。

 

私たちのいつもの暮らしも、理由の見当たらない「好き」と「大切にしたい」もので溢れています。
この気持ちを共有できる仲間を増やす時間に、残りの2日間を。

 

よーし。わくわく!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?