2017/12/17 19:11

 浜名湖発「ニホンウナギ資源回復プロジェクト」に多くのご支援とご協力をいただき感謝いたします。

今年度第一回の放流(11月28日)から2週間余り、浜名湖の漁師さん・浜名漁協などの協力を得て買い付けをすすめ、第二回目の放流を12月15日(金)に実施いたしました。

今回の放流には浜名湖の養鰻を支える若手の会「青鰻会(せいまんかい)」の皆さんがウナギの将来を築こうと放流に参加しています。

 放流日の出港前に指定仲買人の海老仙から運んだのは68kgの親うなぎ、オスとメスに分けてカゴに入れて舞阪漁港に到着します。

写真で太く大きなものがメス、多く入っている小さめなものがオスの親ウナギです。

 メスは7年から10年かけて豊かな浜名湖で育ちます。今回の放流ではメスは93尾が集まっています。

中には500gを越えるほどの大物も混ざります。

 オスはメスほど大きくはなく4年ほどで成熟した親に成長します。メス・オス共に親ウナギは銀化(ぎんけ)し黒銀色に体色を変えています。また遠い西太平用のマリアナ海溝までの旅に備え、目やヒレを大きくしています。

この後の放流出港の様子は後日報告いたします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?