2018/02/06 01:48

こどもだけのジャズバンドというのは、全国的にも珍しい団体です。
前例が少なく、指導者も少ないです。
そもそも楽器によって、始められる年齢もバラバラです。

そして、ジャズというとなぜか

 

”大人が夜お酒を飲みながら聴く音楽”

 

というイメージも強く、こどもに縁遠いというイメージがあります。

しかし、ジャズはもともとダンスミュージックでもあり、


”こども達にとってもウキウキするリズムの音楽”です。

 

そんな壁を取っ払おうと、2016年にこどものジャズバンド体験が行われ、そこで集まった有志によって結成されたのがリトルバードジャズオーケストラでです。

当初は、楽器もない、練習場所もない、楽譜もない状況でしたが、2年弱色々な方のお助けもあり、4名だったメンバーも11名に増えました。

 

当時からすると驚くような難曲にもチャレンジしたり、初めて聴く方にはいつもおどかれます。

そうです、この動画のように”ぷー、ぷー”としか吹けなった子が、立派にジャズを演奏しているのです。 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?