2020/02/29 20:52

企画広報部会の会議

飯田町祭礼委員会の企画広報部会の会議が先日2月27日に飯田わくわく広場で行いました。
飯田わくわく広場は燈籠山祭り本番には燈籠山が設置されたり、人形を作る際には本館で布貼りなどがおこなわれたりと、飯田町祭礼委員会にとって、なくてはならない場所です。普段は地域内外問わず、イベントや会議などに使用できる貸館施設です。

会議には飯田町の8つの町内から選ばれた方が出席しています。いろんな話をしながら、祭りのこれからや、具体的な動き方などを話します。 

オリジナル法被は支援の目印

今回の会議ではクラウドファンディングについてが主となって話し合われました。返礼品の用意についてや、当日の体験についての想定など、初めてのことなので話はつきません。

写真の真ん中においてあるのは、お祭り体験で使われるオリジナルの法被です。2年前に祭礼委員会で正式にオリジナルの法被を作ったもので、50,000円コースと100,000円コースの返礼品の中にも入っています。

この法被を着ていたら、飯田町民は「あ!この人支援してくれてるんだ!」って一目でわかります。

祭りに地元じゃないと入りにくいって思っていませんか?

実は、地元側は知っているか知らない人かでしか判断できないのが原因にあります。

でも、この法被を着ていれば、全然顔が知らない人でも「ありがとう!」という気持ちが地元に生まれる目印になります。

今はこの考えがまだ広がりを見せていませんが、そこは企画広報の出番ですね 笑

ぜひ、この考えを飯田町中に広めて、支援の輪を広げていきたいと思います。

クラウドファンディングに支援する場合は、クラウドファンディングに会員登録が必要です。お手数ですが、登録いただき、ご支援お願いします!

がんばります!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?