2020/08/13 15:00
【鈴木文具・鈴木さん】

まず新型コロナで学校が休みになって、暇になってしまいました(笑)。GW前の緊急事態宣言が出て、在宅勤務を始めました。当時は会社に人もいないし、電話も鳴りませんでした。しかし、気分が落ち込むというより、健康のが大事だからしょうがないよね、という感じでした。一時解除しましたが、現在も時差出勤やリモートワークは続けています。

お客様からも、リモート会議や在宅勤務をしたいというお問い合わせを頂くことが増えました。Zoomの導入のお手伝いなどもしました。

思った以上に、蒲郡では在宅勤務が進んでいません。まず、インフラが整っていません。危機意識が少ない気もします。自動車社会で、マイカー通勤だから、というのも一つの理由だと思います。この辺りを、もっとお手伝いしないければいけないと感じています。

これを機に、文具屋にとってもビジネスのやり方が変わったように思います。オフィスがなくなれば、机も椅子もいらなくなります。また、ペーパーレスも影響が大きいです。紙がなくなればペンも棚もいりませんからね。

とは言うものの、社内ではコロナ以前からフリーアドレスやペーパーレス化は進めていましたからね。海外ではBtoBの証拠書類が紙の使用禁止という国もありますよ。

逆に、人が集まるオフィスでしかできないことも明確になりました。1人の仕事は1だけど、1+1が3にも4にもなるのが人間です。そのようなことができる空間は、今後も求められると考えています。

このように弊社にとっては明るいだけの話ではありませんが、今は過渡期。変化を受け入れて、お客様のためになることをご提案していくべきだと考えています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?