2020/10/21 08:19

ネルの支援者の皆様、こんにちは。
涼しくなってきて風邪をひいている人が増えてきましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。私は最近咳がでることが増えてきました。コロナの出現以来、ちょっとした咳でも周りの方々を不安にさせてしまうので早く治さなくては…。皆様もしっかり体調管理してくださいね!

さて…。今私はとても悩んでいます。この写真のかわいい生後5か月のネコちゃんのことで。
名前はビートくんと言います。

この子はネルの古巣である保護ねこ施設CATS WELCAREでボランティアをしてくださっている方がこの夏保護しました。運悪く当施設に空きがなかったため、8月に他の保護猫カフェに行きました。が、そちらのカフェで体重が増えず様子がおかしいということで保護主さんのもとに先日帰ってきました(ここのカフェは医療費は保護主さん持ちというルールだそうです)。ガリガリに痩せ、発熱・下痢もありいろいろ治療をしましたがよくならず、今週初めにFIPウェットタイプと診断されました(涙)。

保護主さんはネルのことでご支援をくださった方でもあり、FIPのことはよくご理解されています。ビートくんの命はお金には代えられないので、早速お薬を購入し、昨日から治療を開始されました。

中の薬はこんな毒々しい色!

ビートくんはひどい貧血もあり、輸血が必要で、飼いねこのしまおくん(6歳)に供血ねこになってもらい昨日輸血もしました。酸素投与も必要で、現在酸素テントを用意してテント内で治療をしています。

しまおくん。とってもお利口で長時間の採血中、じっと我慢をしてくれました

今回の医療費はすべて保護主さんがご負担されています。が、CATS WELCAREのボランティアさんであり、ネルの時は力を貸してくださった方でもあるため、当施設としてもできる限りのサポートをしたいと思っています。そもそも、ビートくんはこの方の飼いねこではなく、野良ねこだったんだからこの子の運命だと考えることもできたのですが、優しい保護主さんにはそれができません。 善意で保護したねこが病気になるたび、高額な医療費を負担しなくてはならないとしたら保護活動など続けられません。
医療費の援助ができればいいのですが、CWC自体の経営が苦しく叶いません。私たちにできるのは治療のお手伝いと、一人でも多くの方にビートくんのことを知っていただき応援していただくことです。
誠に恐縮なのですが、読者の皆様の中でビートくんの治療に協力してもいいと思われる方がいらっしゃいましたら下記の銀行口座までご支援よろしくお願いいたします。

三井住友銀行 立売堀(いたちぼり)支店(店番123)
普通 1649827 猫のいるタイ古式マッサージサロン にゃんぐりら

(とってもかわいい小梅ちゃんというねこがお迎えしてくれます。マッサージサロンご利用での応援いただくこともできます)

クレジットカードでのお支払いをご希望の方はこちらからお願いいたします。

ビートくん応援ページ

CATS WELCAREが設立されて今年の末でようやく1年です。この短期間のうちに2匹もFIPの子ねこがでるなんて…。開設時には予想もできなかったことです。2匹とも施設内での発症ではないですが、今後施設内で発症する子が出た場合の資金確保も考える必要がありそうです。本当にお薬がもっと安く手に入るようになってほしい。
それについてはこちらで署名もできます。ご協力ください。

治療薬が安く手に入るために


続いてご案内です。

以前にもご報告させていただきましたが、ネルが絵本になります。完成は来年4月ごろの予定です。
その絵本原画展が本日10月21日から30日まで大阪市中央区のギャラリーで開催されます。お近くの皆様はどうぞ足をお運びくださいませ。お越しに馴れない方は絵本の販売予約も開始しています。収益の一部はネルの医療費およびCWCの運営費に充てられます。ご予約どうぞよろしくお願いいたします。

ネル原画展
ネルのTwitter
絵本のご予約はこちら

引き続き、ネル、ビート、そしてCATS WELCAREをよろしくお願いいたします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?