2020/08/08 20:09

「総務省、ネット中傷対策で中間報告案 電話番号開示には期待、裁判手続き簡素化は慎重論」

こちらの記事にもある通り、ネット中傷において被害者の一番の負担である複雑な裁判手続きについては簡素化はされない方向のようです。

これだけ多くの被害者が出ているというのに、現行制度のまま「電話番号も開示させる」とだけ示すことがどれほどの意味を持つのでしょうか?


制度の見直しがあると聞いたときには少し希望も抱きましたが、やはり制度の大幅な改革は難しいということでしょう。
加害者ばかりが守られる現状を、どうにか変えていきたいです。

かなりあでは現在、サービスの開始に向けて準備を進めています。正式リリースまではまだ時間がありますが、嫌がらせや誹謗中傷の少ないインターネットを目指して頑張ります。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?