2020/07/09 16:19

こんにちは!

本日は、大人気の「熊野筆ボディブラシ」の秘密をお話したいと思います。

晃祐堂のボディブラシは猫の肉球のようにポコポコとした形になっており、お肌に触れた時の弾力や泡立ちを良くするよう考えて作られています。

「どうやって作られているの?」といったご質問も多くいただきますが、すべて手作りで「穂首」と呼ばれる毛束の形を作り、それを持ち手に一個一個接着していきます。

下の写真を見ていただくと、小さい穴が8つ、大きい穴が1つ開いた木(ウォールナット)の持ち手の左側に、大きい穂首と小さい穂首がずらりと並んでいますね。こちらを一つ一つ持ち手に接着していきます。

白い穂首がフワフワで、まるでお餅のようですね!

この小さいほうの穂首の大きさは大体チークブラシと同じくらい。そして、大きいほうの穂首はパウダーブラシと同じくらいの大きさです。

つまり、この「熊野筆ボディブラシ」は、チークブラシ8個分、パウダーブラシ1個分の材料が使われているということです!

このように毛量たっぷりのボディブラシ、泡立ち抜群で気持ち良い肌あたりも納得ですね!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?