2020/11/07 22:51

定着した漆の上に保護剤を塗り、それを拭き取ること数回。
その後、ついに箔貼りの作業となります。

薄さミクロン単位の箔を操る仏師の村松さん。簡単そうに見えるのは、彼女の技量でしょうか。
その道数十年の先輩を唸らす、素晴らしい彼女の手さばきにうっとりします。

そして、重なった箔を筆で優しく払い落としていきます。
箔をまとった御薬師様。
凛々しくも美しい表情。
60年後を見据えての修復は続きます。
次回は、「肌粉」という作業。
艶やかな御薬師様が、落ち着いた質感に生まれ変わります。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?