2020/11/15 00:05

箔を貼った部分の質感を、金の粉で整える」「肌粉(はだふん)」作業。
ギラギラした部分を、人肌の持つ艶のような落ち着いた感じに馴染ませてきます。

保護と定着を兼ねた剤を塗り、それを丁寧に拭き取っていきます。

そして、粉をのせていきます。

白粉をぬるような作業。

美しく、薄膜をまとう姿は、どこか女性的でもあり、

ハレの日の化粧のようです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?