2020/11/26 17:11

皆様のご理解とご支援あって、ついに11月25日、完成お披露目会の日を迎えました。
天気は快晴。

クラウドファンディングのご支援者様と、集落の人々も続々とお堂に集結。
お堂内では、綺麗になった床が照り返す中、昨晩の準備に加えて和尚様のご指示のもと、修正が施されていました。
お待ちの間、参加者の面々はお堂横の「子持ち石」を参拝。
飾り付けも完成し、

霊向膳も

ご祈祷いただくお札もセット完了。

ついに、法要が始まります。

クラウドファンディングご支援者の方々も合掌。


お堂に入り切れなかった方々も合掌。


最後の役員総代よりの皆様のご理解とご支援に対する御礼の言葉があり、入佛法要は終了。

お堂への参拝が解禁となりました。

どことなく、笑みを浮かべているような印象の、お薬師様。そして、「おもてなし」が始まります。
お堂横の丁屋では、八つ頭を囲炉裏で焼き、久野脇の「大根そば研究会」の方々が「くのわき大根そば」を準備。

なんと!クラウドファンディングご支援者の方に地元猟師の方がいらっしゃり、予定にはなかったジビエをいただけることに(もちろん自己責任でのご賞味です)。

焼きます。

あまごもいい感じに。
ご支援者の方々と和尚様は御膳で。
役員衆はお椀で大根そばをいただきました。
ひたすら焼いてくれる、役員の坂本さん。
お薬師様が見守ります。

火の番は前田さん。

そして、おもてなしの後は、ご希望者と共に「元薬師」への参拝。

山道を片道30分程度歩きます。

そして、「元薬師」到着。

神々しい光が射し、当時をしのばせる石段の後が光ります。

そして、元薬師呈茶タイム。水源から水をくんで、

一服。

お薬師様が安置されていた場所にて、久野脇の水源から水をいただき、お茶を飲む体験。
「感無量」とおっしゃっていただきました。

下山の後は、夕食。

坂本さんのあまごをパエリアに。

iPhoneですいません↓

そして、猪鍋をつつき、夜はふけていきました。
iPhoneですいません↓

今回、このクラウドファンディングを実施することで、集落の宝である「佐沢薬師如来」を次代につなぐことができました。

ご支援くださった方々、ご協力くださった方々に対し、この場をお借りしてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

また、返礼品の準備が整うのが月末ですので、12月6日全発送完了を目指しております。今しばらくお待ちいただければ幸いです。

さらに、今回ご支援の「お披露目会ご参加」に残念ながら欠席だったご支援者様には、返礼品のセットを郵送させていただきますが、ご欠席分の補填を添えて郵送させていただきます。

なにぶん、限られた人数で実施しておりますので、そちらもまたお待ちいただければと存じます。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?