2021/07/23 14:50
譲渡会に参加しているお猫様達の写真データをいただきました。

トップ画像はらんちゃんとベラちゃんです。

7月25日と8月1日日曜日に新玉旅館と上野口で完全予約制にて対面できます。

家族として大切に最後まで面倒をみてくださる里親様を募集しています。

家族として迎えたい、会ってみたい、と思われる方は新玉旅館までご連絡をください。


どうぞよろしくお願いいたします。

らんちゃん


ベラちゃん


フク君


にっぱち君


ぼん君


ききょうちゃん


まなちゃん


らむちゃん

初日はあまり対面希望予約がなかったらしいです。

私は公民館や喫茶店等にポスター掲載をお願いする事しかできませんでした。

個人的に子猫を保護した知り合いの方から連絡があり、女将さんに相談し譲渡会に参加させてもらう予定でした。

もし難しければ、ご縁があったと思ってうちに4匹目を受け入れするしかないかと思っていたら、先日里親さんが見つかったと連絡がありました。

実はその子猫とは縁がない予感はあったんですよね。

本当に全てはご縁と思います。

女将さんは正直これ以上は猫の受け入れができませんし、むしろ前からいた子達も、いい里親さんがいたら譲渡したいのです。

ただ、たまたまご縁があり人と共生して生きる猫に対し、人と共生し得るように真摯な対応をしてきた旅館だからこそ、そんな情報が入り、多頭飼育崩壊の現場を知ったが故に仕方なく一時的に受け入れ譲渡会をしているのだと思います。

結果的にそんな子達が増えて自分達を差し置いてお世話されている状況です。

私も昨年の今頃に新玉類旅館を知ったのは似たような経緯からでした。

けれど女将さん他、現場の具体的な話しを伺うにつけ、あまりに闇が深くて心を病みそうになります。

私自身は意気地なしなため、偽善的に情報発信しかできず、情けないと感じつつ自分ができ得る事を発信する事で少しでもご縁があった猫が快適に生きられる事を祈るのみと思っています。

ボランティアの方は新玉女将さんは神です、とおっしゃいました。

本当にそうだと思います。

無心で滅私奉公をされています。

もしも余裕がある方がいらっしゃれば里親さんになっていただければと思います。

私自身、最初に野良の子猫をもらってと依頼された時は頭だけで想像し無理だと断ったのです。が、娘が無理矢理連れてきた最初の猫とのご縁により、今は気づくと3匹になりました。

実はこの猫達がいる事で精神的にかなり豊かな人生を送っています。猫って本当に可愛いですよね。

女将さんも大変といいつつも、猫達がいるから頑張れるのだと思います。

そして、そんな方は多いのではないかと感じます。

動物関連の専門学校に行った方が猫について論文を書いたらしいのですが、こんなに人間社会と共生する動物は珍しいらしいとおっしゃっていました。

じゃあ他の動物は?それは色々な矛盾を感じつつ闇が深く悩ましいのですが、ここでは単に猫とご縁があった故に猫を受け入れた方に限った話しです。

又世界状況や国内状況、土石流や自然災害、コロナ等々、色々諸々ありますし、より大変な方もいらっしゃって何を贅沢な事言ってるんだと思われる事もあるとは感じます。

本当に申し訳なさと気がひける面もありますが図々しく又以下のお願いをします。

皆様のご健康とご多幸を心からお祈りしております。


改めまして、もしご支援いただけるなら旅館に直接お振込み、又はご送付をお願いいたします。

ユーチューブ

https://youtu.be/bwJfO05mEiQ


フェイスブック

https://m.facebook.com/profile.php?id=100021719930089&_rdr


貯蓄預金口座番号

郵便局からの振込みは

ゆうちょ銀行 店番 728

記号 17250   番号 26845531

ゴトウ フジエ


銀行からの振込みは

ゆうちょ銀行 

店名 728   読み ナナニハチ

口座番号 2684553


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?