2020/11/02 17:46

1999年日本人移民70周年記念事業としてコロンビアからバランキージャ民族舞踊団を招き、福岡国際交流センターとの共催で「Carnaval de Barranquilla」 バランキージャカーニバルショーを実施して以来、これまで数々の舞踊団所属ダンサーがラテンダンス講座講師として来日しました。 

ティエンポのラテンダンス講座を共に築き上げてくれたバランキージャ民族舞踊団ディレクターのMonica Lindo(モニカ・リンド) さんから応援メッセージが届きました。

Monica Lindo さんが出演したイスラ・デ・サルサ 2000年の映像と共にご覧ください!


明日、11月3日 クラウドファンディング終了日に開催する文化の日特別イベント「TIEMPO 4 ALL」にも協力いただき、 舞踊団所属ダンサーのCarlos Ruizがコロンビアからオンラインでチャンペタのダンスレッスンを開催してくれます! 

チャンペタは、コロンビアの都市カルタヘナ・デ・インディアスのアフリカ系住民の間で生まれたアフリカ文化の影響を色濃く残すリズムです。
今年のスーパーボウルのハーフタイムショーに出演したシャキーラが、最後に魅せた「Waka Waka」のパフォーマンスでは、チャンペタを取り入れた振付で会場を沸かしていました。
日本人ラテンダンス講師Yukaが通訳兼レッスンアシスタントを行いますので、皆さん是非この機会にチャンペタのリズムに挑戦してみてください。

■ 全プログラムは下記ウェブサイトをご覧ください。
https://tiempohall.tiempo.jp/ja/ev-201103.html


いよいよクラウドファンディングもあと2日。
最後まで応援をよろしくお願いします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?