2021/02/02 19:22

こんにちは。こもれびの子どもたちを応援していただき、ありがとうございます。


2021年2月13日(土)の14時から、ZOOMにてオンライン講演会を開催いたします。

こもれびの代表理事:水流添綾と、アウトリーチ事業『いるどらぺ』の主任:菅野幸里が、こもれびの活動を通して学んだ、子どもの本当の気持ちや子どもへの関わり方についてお話させていただきます。

お申込みいただけけたら、無料でご視聴いただけます。どなたでもお申込みいただけますので、いろいろな方に子どもへの支援について知っていただけたらと思います。お申込みお待ちしております。


お申込みはこちらから


水流添綾 一般社団法人こもれび代表理事  社会福祉士・精神保健福祉士
2008年より大阪府教育委員会、他にてスクールソーシャルワーカーとして活動。2010年、大阪市西区で起きた児童虐待遺棄死亡事件に衝撃を受け、子ども分野の福祉専門職として「何かをはじめなければ!」と思い立ち、2013年に法人を設立。大阪市西区南堀江に事務所を構え、『ひとりぼっちをつくらない』を理念に、地域のニーズに応えながら活動の幅を広げている。福祉専門職の楽しさを伝えるために関西大学で非常勤講師としても活動する。人生のテーマは「愛」。


菅野幸里 一般社団法人こもれび アウトリーチ事業『いるどらぺ』主任 社会福祉士
SSWとして小・中・高の校種を経験し、子どもにとって「こんな社会資源があったらいいな」を形にするために、2015年にこもれびに入職。居場所づくりだけでなく、居場所に来られない子どもたちにも支援が届く必要性であるという思いから、2019年に大阪市より子ども自立アシスト事業を受託し、訪問支援に力を注いでいる。好きな言葉は「当事者からの学び」。

趣味:ギター、魚釣り、音楽鑑賞、ソフトテニス、キャッチボール、ジム、お酒


アウトリーチ事業『いるどらぺ』
・夕刻の場 (子ども食堂)
・ギター教室 KMC:こもれびミュージッククラブ (テディーズギターと協同)
・学習の場 (大阪市塾代助成事業)
・子ども自立アシスト事業 (大阪市委託事業)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?