2020/11/18 12:00

稽古の様子をお知らせします。

大日本弓馬会の流鏑馬稽古には馬が欠かせません。

現在、自馬5頭に対して、毎週稽古に励んでいる門人は25名程度であり、馬の体調に配慮すると、1回の稽古で騎乗できるのは、せいぜい20分程度に過ぎません。

通常の乗馬クラブでの1鞍が30分~45分であるのに比べると非常に短いため、その分、1鞍を大事に、1秒も無駄にすることなく稽古に励む必要があります。

しかし、馬も生き物なので時々怪我をすることがあります。

そうすると、途端に騎乗できる時間が減ってしまい、稽古に支障が生じます。

そうならないために、稽古の際は馬の体調に常に気を配ります。

特に馬は脚(足)が故障しやすいことから、細心の注意を払っています。

写真は馬が歩いて馬場本(スタート地点)まで戻っている様子ですが、このとき馬の歩様を複数人の目でじっくり観察しています。

少しでも怪我の兆候が見られたら、そこでその馬は稽古中止、大事を取ってお休みです。

よく「人の替えはいるが馬の替えはいない」と厳しいことを言われますが、それだけ馬が大切にされているということです。

大日本弓馬会の流鏑馬というと、荒々しく打ち込み(走り始め)、最速60km/hにもなる快速馬が有名ですが、日頃から丁寧に丁寧に馬を扱っているからこそ、これが実現できているのです。

皆様、流鏑馬を見る機会があれば、また、新馬場が完成したら、このような馬たちにもご注目ください。

-------------------------

クラウドファンディング「鎌倉時代からの伝統、流鏑馬(やぶさめ)馬場の建設・維持にご支援を」へご支援・ご協力・応援をいただきありがとうございます。

2021年1月18日までに1,200万円を目標に挑戦しています。

活動報告を通じて流鏑馬について、また新しく整備される馬場についての情報をお知らせします。FacebookやTwitterでこの報告をお知り合いの方にお伝えいただけるだけでも大きな励みになります。

どうぞよろしくお願いします。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?