2020/12/08 19:08

長年、敷地内で外猫に餌を撒いて

不妊去勢手術に応じない施設があります。

このコロニーで増えた猫たちは近隣に広がり、地域の環境も悪化しています。

増えすぎた猫たちの生活状況も心配です。

今回、この施設の近くの別の施設の敷地内に移動してきた猫たちについて 

相談があり、 別の施設の協力体制のもと 

11月末から12月はじめにかけて、TNRと保護を実施しました。

第一段階として 大人の猫7匹手術そして生後2ヵ月の子猫5匹を保護しました。

長年、出産マシーン!だった母猫を手術できたのは大成果です。

また保護した子猫は 5匹中4匹がメスでした。

このままだったら どんどん増えていくところでした。

まだ捕獲しきれていない大人の猫たちがいるので第二段階を計画します。

ボランティアは時間の許す限り捕獲に努力します。

野良猫に餌をあげる時は 不妊去勢手術を!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?