2020/09/06 15:08

オラが家族になってから約2か月が経ちます。オラと出会ったのは保護センターです。家族を迎えるために何度か訪れていた保護センターでオラに出会いました。ケージの片隅で丸くなり眠っていました。他の子達が興味を示し鳴いたり、ケージから出ようとしている中で、ただただ動く事もなく静かにしていました。呼吸も早く苦しそうで連れて帰る事に決めました。自宅でも動く事は少なく、呼吸は多い時で90回ととても苦しそうでした。すぐに動物病院に問い合わせましたが、心臓の専門の先生がいる病院がみつからず、自宅から1時間ほど離れた病院に受診しました。

診断は、動脈管開存症、心肥大、肺水腫の診断でした、すぐに手術をしないと急死してもおかしくない状態とのことで、8月16日に手術を受けました。

下の動画は手術前の呼吸です。

こちらは手術当日の動画です

術後の経過は良く、今は毎日穏やかに過ごしています、傷口がまだ痒いようですが、呼吸が楽に出来ています。

今後も1年間は経過観察と検査に通院していく予定です。

術前検査や手術代、今後の通院には高額な治療代がかかります。

是非皆さまのご支援お願い致します。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?