2020/10/26 18:00

こんばんは! クラウドファンディング学生サポートチームです。

今日は雫穿(てきせん)大学の普段の活動をご紹介します。


美術講座は、毎年2月にお茶室で催す絵画展を中心に、美術に関する様々な関心ごとに触れられる時間です。

ここ数年は日本画を参考にしながら絵を描いています。知れば知るほど奥の深い日本画の世界にたくさんの刺激を受けて自分たちの描きたい絵を模索しています。


他にも、銅版画や木版画、水彩絵の具を作ったり、また美術史に触れたりもしています。


参加しているメンバーはそれまでずっと絵を描いてきた人もいれば、講座に参加して始めて絵を描くようになった人もいます。

そういうこともあってか、それぞれの人の作品を観ると「とてもこの人っぽい絵だなあ」とか、逆に「この人はこんな表現をするんだ!」と驚いたりもします。

いい意味で混沌としていて、またどこか繋がっているような、参加する人それぞれの美術表現に触れられる金曜朝の講座です。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?