2020/12/01 18:15

こんにちは。TDU・雫穿大学代表の朝倉景樹です。

本クラウドファンディング「若者が自分として「生きる」「働く」を模索できる「学びの場」をつくりたい!」は、2020年10月1日に開始し、昨日11月30日23:59をもって終了いたしました。

開始から短期間のうちに当初の目標額80万円を達成させていただき、最終的にはサードゴールまで達成する形で、126名の方から、1,560,469円ものご支援をいただきました。

このクラウドファンディングを始めた当初は、これほど多くの方から、たくさんのご支援をいただけるとは、私も、一緒にクラウドを進めてくれた学生たちも予想しておりませんでした。

新型コロナウイルスの勢いが増し、多くの方が苦しい状況に置かれている中で、このようにご支援をお願いし、たくさんの方から応えていただいたことは、申し訳なさと嬉しさを感じ、感謝してもしきれない思いです。

独立の資金を寄せてくださった方、情報の拡散なども含め様々な形で応援・ご協力くださった方、暖かい応援の思い・言葉を届けてくださった方、心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。


社会の主流の枠組みに合わせることがつらいと感じた時、自分であることを諦めずに「生きること」「働くこと」を模索できる学びの場があることは、不登校・ひきこもりを経験した人々はもちろんのこと、どんな人にとっても非常に大事なことであると思います。

今回のクラウドファンディングでいただいた皆様からののご支援、賛同、応援、助言をその重みとともにしかと受けとめ、新しい学びの場「TDU・雫穿大学」を充実させ、発展させて参ります。

そして、ご支援いただいた皆へのリターンについては順次ご案内・発送をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

また、本クラウドファンディングの期間には間に合わなかったけれども、ご支援のお気持ちを持ってくださったという方には、近日中にTDU・雫穿大学への恒常的なご寄付の窓口もご用意する予定にしております。詳細については、TDU・雫穿大学のホームページやTwitter、Facebookページにて発信いたしますので、よろしければそちらもご覧ください。

ご質問やお問合せは、本クラウドファンディングページにある「メッセージで質問や意見を送る」からお送りいただくか、crowdkagekitdu2020@gmail.comまでお送りください。

これからもぜひ私たちTDU・雫穿大学と繋がり続けてくだされば幸いです。この度は誠にありがとうございました。



2020年12月1日 

TDU・雫穿大学代表 朝倉景樹

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?