2020/11/20 17:03

クラウドファンディング残すところあと10日になります。


第1の目標は達成しておりますが、ネクストゴールは150万(支援者数100人)をめざしておりますので、引き続きご協力をお願い致します。


今までクラウドファンディングでは5,000円からの金額の支援からしかリターンの選択はなかったのですが、
.
.
今回新たに3,000円のリターンを追加しました。
.
.
https://camp-fire.jp/projects/view/329176
.
.



リターン内容は
『久遠の松の御守(お好きな御守1種類)』です。
.
.
この御守の内符には久遠の松が用いられ、久遠の松の物語りにちなんだ3種類の御守を作りました。
.
.
化粧箱入りなので、大切な人への贈り物にも最適です。
.
.
===================
『わたしの御守り~知恩報恩~』
用途:自分で携行する
【「おかげさま」に気づく心を養う】
 大慶寺の歴史は境内にそびえ立つ『久遠の松』、誰もがこの雄大な枝振りに目を向け、賛嘆いたします。しかし、本当に大事なのはこの枝振りを支えている私達の目には見えない、地下の「根っこ」の『おかげさま』。この知恩報恩御守は、普段はなかなか気づくことのできない「おかげさま」も気づく心を養い、感謝の心を育み、恩の循環がするように願う御守です。






②『あなたへの御守り~健体康心~』
用途:大切な人へ贈る


【大切な人の「Well-beingな生活」を願う】

 久遠の松の樹齢は760年。松は昔から「長寿・繁栄」の象徴として縁起のいい植物として親しまれてきました。それは、松が常緑樹であるため、冬場の寂しい時期にも青々と葉を茂らせています。桜や藤のように綺麗な花を咲かせたり『見頃』という派手さはないですが、常に安定した良い状態を保っています。この健体康心御守は、どんな情況下でも「よりよいあり方=Weii-being」な状態を保ち、穏やかな生活をして欲しいという願いが込められています。



③『まちの御守り~地域安穏~』

用途:自宅又はお寺に安置しておく



【安穏な社会を願う】
 大慶寺の歴史は「久遠の松」と共にあります。そして大慶寺は江戸時代にはこの地域のお寺「田中城の祈願寺」として、この地域の平和を祈って参りました。久遠の松の「久遠」とは「循環や継承をしていきながらずっと続いていく」という意味。
 この地域安穏御守は、日々変化をする社会で、様々なものが巡り廻っていきながら、この地域が末永く続き、安穏な地域であるように願う御守りです。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?