2020/12/12 12:11

こんにちは、プロジェクトオーナーの毛利です。ワイナリーとはただワインを製造するところというだけでなく、ぶどう畑が生み出す景観の中過ごす時間や、そこで生まれる人の繋がりなども、ワイナリーが生む価値の一つであると考えています。今回のプロジェクトのリターン品の一つには、そんなワイナリーの価値を最大限感じることのできる、スペシャルデイキャンプをご用意しています。

ワインができるまでを体験!

スペシャルデイキャンプはワイナリー体験から始まります。秋保ワイナリーの敷地内には、約2ヘクタールの自社農園が広がっています。まずはその農園をご案内します。デイキャンプを実施する時期は既にぶどうの収穫は終わっている時期ですが、整然とぶどうの木が並んだ農園は、歩くだけで清々しさを味わえると思います。来年は新しいぶどうの品種を植樹する予定なので、タイミングがあえば植樹を体験していただくことができるかもしれません!

農園を歩くと、すぐ裏手に山が迫る地形であることがわかります。このあたりは「秋保石」という凝灰岩がとれることで知られています。つまり火山性の土地なのです。専門家によると、その火山性の土地の特徴が、ワインの味のミネラル感に現れているそうです。土地の特徴を理解することが、より深くワインの味を理解することにつながるんですね。

農園の次は、醸造している場所をご案内します。ここでは説明のほかに、ラベル貼り体験をしていただきます。ラベルに着色して、自分だけのワインを作ったら、1本おみやげとしてお持ち帰りいただけます!

宮城の食材が勢揃い!食のマリアージュBBQ

ワイナリー体験が終わると、ワイナリー前の広場で、全員参加型のBBQです。宮城が誇る食材を、特製の鉄板でみんなで食べて飲んで楽しみましょう!例えばお肉であれば、地元の手作りソーセージ工房vienna29さんの秋保ソーセージや、蔵王山麓で生産される銘柄豚「JAPAN X」、魚介なら、フィッシャーマンジャパンさんから仕入れたホタテや牡蠣などをご用意する予定です。また、ぶどうの枝を使って薫製を作るのも、ワイナリーならではの楽しみです。ソーセージにチーズ、笹かまもスモークすると美味しいですよ!オーナーの私も得意のパエリアを作っておもてなししたいと思います。

デザートには、お子さんなら、マシュマロとチョコレートでキャンプの定番、スモアを。大人は、焼いたマシュマロをホットワインに浮かべて・・・なんていうのもいいですね。広場にはタープやテントを張っておくので、お子さんやペットが走り回って疲れても、自由に休憩できます。思い思いの時間を過ごしながら、食や出会いを楽しんでいただきたいと思います。

スペシャルな1日を秋保ワイナリーで

いかがでしょうか?秋保ワイナリーの持つ価値を最大限に楽しむ、もりだくさんなデイキャンプになる予定です。ぜひ一緒に楽しみましょう!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?