2020/12/31 09:01

本日はクラウドファンディング最終日。

次なる目標は、

「沿岸の小中高生を、絵本展、三陸鉄道に無料招待する!」

みなさん、最終日もよろしくお願いいたします!


さて、2020年も最終日。

今回は光る絵本展「創り手」の紹介をさせていただきます。
3月まで釜石・盛岡の高校生伴走をお願いしている、新田さんから応援メッセージも頂戴いたしました!

高校生が楽しそうにアイデアをどんどん出していったり行動していったりする姿を見るとやっぱり「未来を考えるのは笑顔がいいなぁ」と強く思います。


応援メッセージ本当にありがとうございます!!

引き続きよろしくお願いいたします。


(以下応援メッセージ)

ーー

皆様、こんにちは!
岩手県釜石市出身、新田壮吾(にったそうご)です。

 今年、日本初の全寮制インターナショナルスクール UWC ISAK JAPANを第4期生として卒業しました。
現在は、岩手県を牽引するプロスポーツチームにて通訳をさせていただいております。

高校時代には、デザイン思考をベースに「地域密着」と「人材育成の機会創出」へ焦点を当てたプロジェクトを立ち上げました。
他にも教育系ベンチャーでのインターンや学生プロジェクトの伴奏なども経験しています。

インター卒、プロジェクトマネジメント、ファシリテーター、プロチームの通訳と様々な活動をしている僕ですが、いつも原点にあるのは震災です。 

一つ一つの活動に必ず「震災」がついて回ります。
僕は震災を経験しましたが、しかしそれは記憶の危うい小学3年生の時の話。 祖
母を震災で亡くしましたが、津波は見ていません。
震災を受けた人と受けていない人の中間層に立っている僕だからこそ、 しっかりと震災と向き合わなければならないと考えました。

震災は全てを持っていき「無」にしましたが、そこから始まった僕たちへのご支援は僕たちに新たな道を提供し、世界を広げてくれました。
これまで震災をキッカケに様々な方々との出会いがあり、今の自分があります。


光る絵本展in三陸鉄道では高校生の伴奏として共に活動させていただく予定です!

高校生には新たなワクワクする体験として、プロジェクトの運営を楽しんでいただければと思います!
また、未来を担うZ世代が震災10年目の節目に行うこのプロジェクトを 是非暖かく見守っていただければと思います!
またコロナ禍の中、大変な状況ではありますが、 ぜひ足を運んでいただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。


 新田壮吾

ーーー

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?