2020/12/24 23:54

阪神大震災後、地域猫がどっと増え、代表理事が個人活動として保護していた時、当時はまだ野良猫と呼ばれ、「くまもりが野良猫問題扱っている」と聞き、電話で相談したのが最初の出会いであった。

2009年ヴィーガン協会を立ち上げた時、協会として会長を取材したいと電話したが、全国講演会でご多忙、アポが取れなかった。そして東京名古屋その他協会活動の出張先で、熊森にどんぐりを送っているヴィーガンの人たちと出会ったり、ヴィーガンや環境関係のイベントで必ず熊森の冊子を見かけたりで、ここまで浸透している、大きくなっているのかと驚いた。理事らはどんぐりを集めたり、冊子の内容が良かったので購入して配布したりしていた。その後、殺されるクマを保護する支援や飼育もしているすごい団体だと、ますます話題になっていた。

2020年法人登記し、代表が個人で熊森のサポートメンバーに登録し、異常なナラ枯れが続くことに不安を覚え、たくさんのクマが人里に降りて殺処分されていることが耳に入る時期、事務局長とともに事務作業のお手伝いのために初めて本部を訪れた。

本部の3階建てのビルには、奥山の学会と、自然環境保護と再生のためにだけ山を買っている公益財団法人の3つの団体が入っていた。本(画像は一般向け書棚)と資料がたくさん、実物のどんぐりと説明、クマのことだけではない、自然環境、土壌、有機農法、ナショナルトラスト、詳しい昆虫や植物の調査報告書。日本中のどんぐりとどんぐりにつく虫も全て調査している。膨大な研究調査資料がある。そして学術的なことも現場のことも、名誉会長やスタッフの方から、雑談のように気軽に伺えた。全国のナラ枯れとクマ目撃の調査、広葉樹林再生の試み、山の生き物の観察レポート、飼育グマのお話、どんぐりを山に運ぶ経験からわかるクマの生態。今の日本の環境問題の課題を見つけ、生き物を見つめ、真面目に勉強し、実践してきた類い稀な団体であることがその空間全てから伝わってくる。久しぶりに本気の学びと実践の場のエネルギーに代表は圧倒された。ここには命の源がある。それはヴィーガンが言う命の輝く躍動感なのだ。

山に行く人たちは、下草がない、通れていた道に大木が倒れていて通行止めになることが続いている、木の根っ子がむき出し、生き物の気配がしない、年々変化していると言う。そして住宅地では、庭にアナグマまで出る、見たことのない鳥がいる、イノシシの数が増えたことなどが日常会話になっている。熊森が調査している奥山の写真は、イメージしていた森とは全く違い荒廃しているとしか言いようがなく、ショックを受ける。クマ含む動物たちがどうやって生きていけるのだろう。

クマ出没理由がはっきりわからないと、東京農業大の教授が言うのは、知力の問題ではなく、国が奥山の状況を継続して調べていない、予算をつけていないということだろう。クマ研究報告は、遺体の解剖であったり、海外含む既存の文献の引用であったり、実際に生息地である奥山に定期的に長期的に通うことが難しくて、人の目に触れる偏った場所の報告が主流で、予想生息数も非常に大きな幅がある。九州や四国のように、絶滅したり20頭くらいになって初めてわかるレベルなのか?通常100頭を切ったら絶滅していくので、取り返しがつかない。

まずは調査で現実を見て問題点を見つける、そして解決策を皆で考えていく、実践して学び、進んで行く。それは人の暮らしでも、仕事でも、子育て、未来へのアプローチ、政治、会社経営、本来全ての基本である。

熊森協会が山とクマに関してその道にいることは日本の希望であり、山と環境の問題に、国は熊森から真摯に学び、協力をお願いし、すぐに取り組むべきだ。私たち国民の責任でもある。

熊森協会を持ち上げているわけでも大袈裟に伝えているのでもない。現実、お金や能力があっても、自然環境や社会環境まで変えていくことはできないからと、海外で豊かに暮らすことを選ぶ、貧しい日本から脱出していく人は多い。多くの人に希望がないと言われてしまう日本で、よくこれまで真摯に日本の荒廃していく環境問題に純粋に向き合い、適切な課題を見つけ、行動に移し、実践からまた学び、今日まで、本来国がやるべきことまでを担ってくださったのか。クマの生息状態が豊かな森の指標であることは誰もが知ることだろう。名誉会長、会長、本部の皆さん、現場を飛び回る方々、純粋なエネルギーで、知力と行動力で、常に日本の未来に関わるみんなにとって大切なことに取り組んでいる。別団体でみんなの水源を守るために山を買って保全してくれている。感謝するしかない。誰が熊森協会に足を向けて寝られるのだろうか。国もそうした活動から学び、みんなで日本の環境破壊を止め、豊かな山に守られる暮らしを築こう。

一般財団法人日本熊森協会会長(現名誉会長)講演会 https://www.youtube.com/watch?v=-Ly-hFmhKiU&feature=youtu.be

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?