2017/09/14 20:35

 

旧中川邸9月13日、オープンさせていただきました。

応援してくださっているみなさまのお陰様です。

 

オープン前も含めここ1週間、沢山の方々が旧中川邸を訪ねて来てくださっています。

 

 

「この受付台。残ってるのね^^」

「何度も来たことあるわ」

「女のキレイでとっても優しい先生でよく子どもを連れていったのよ」


などと中川医院だった頃をご存知の方々がお話を聞かせてくださいます。


昔からある古民家を守り再生させたい
子どもたちの教育を考えたい
龍野の歴史や文化を継承したい
赤ちゃんからお年寄りの方までが集う場所にしたい
街の暮らしを大切にしたい


そんな思いで旧中川邸を再生しています。

 

5月から内装工事が始まりました。
改装前と後。
新しくなった場所とそのまま残した場所。
どうぞ写真でご覧ください!

 

・受付台と天井はそのまま残させていただいています。

 

 

・待合室 → [カフェカウンター、土間スペース]

奥はおもいっきりお絵かきできる黒板スペース

 

・診察室・処置室→ [ベビーベットのある赤ちゃんスペース]

・応接室→ [キッズスペース、縁側、囲碁将棋スペース]

 

絵本やおもちゃを「旧中川邸の子どもたちへ」と地域の方からたくさん頂きました。

お孫さんやお子様と一緒に持ってきてくださった方もいらっしゃいました。


ありがとうございます!大切に使わせていただきます。

 

オープン後の今子どもたちがさっそく遊んでいます。

ママもゆったりおしゃべり でリラックス^^

 

播磨オレンジパートナーの丸尾さんからお祝いにと
オセロセットを頂きました。
オセロ大会は、子どもから大人まで必ず盛り上がりますね!

 

旧中川邸は、認知症の方やご家族の方を支える認知症サポート店です。

 

子どもたちからお年寄りの方までが触れ合える場所になります。
オープン前にもオープン後もこのような風景が見られています。

 

この場所を100年続く場所にしたいのです!

みなさまのご支援でここまで作らせていただくことができましたが、

まだまだ工事の費用が足りておりません。

あと4時間!!最終のお願いです。どうぞよろしくお願いいたします!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?