2021/01/29 13:46

北アルプスさいわい便の「鹿肉の赤ワイン煮」に同梱される予定の無農薬米は、大町市の久保屋さんが丹精こめて作られた信濃大町産コシヒカリです。(写真はゆめしなのとありますが、お届けするお米はコシヒカリになります。)

久保屋さんは100年以上続く稲作農家で、いつの時代も新しいことを取り入れながら農業技術を磨いてきました。もちろん味の研究も怠りません。1950年代にこの地域でいち早く機械化を取り入れたチャレンジ精神は今、ICT活用や良食味栽培の研究、無農薬栽培という新しい挑戦をしながら、未来の農業を切り開いています。

終了まであと3日となりました。
いただいたご支援で、ラビットやZenだけでなく、食材の生産者も潤います。是非引き続き応援してくださいますようお願いいたします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?