2021/01/23 12:19

 みなさま、こんにちは!

 iriai tempo / 筑波大学4年の橋永貴郁です。

 12月末に公開したクラウドファンディングも残り5日となりました。約1か月の間にご支援、ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございます!!

 引き続き拡散や応援のほど、よろしくお願いいたします!!!

 

 これからご覧になっていただく皆様。
 一度ご覧になっていただいたみなさまも、もう一度。
 こちらをぜひ、お目通しください!!

建物お掃除&解体ワークショップ時の集合写真

 私たちは、筑波山麓の北条というまちで地域コミュニティのためのお店をオープンしようと準備を進めております。

 そのお店の名前が、iriai tempoです。


 

 「いりあい」と「店舗」が一体になるという発想で、従来の店と客という関係性から、関わる人々が主体的にその場を作り上げていくことをコンセプトにしています。そして、tempoという時間がその土地の文化を育み、地域コミュニティを作り上げていくことを期待しています。


 今回のクラウドファンディングで我々は、このお店を開店させるために、

 ズバリ、【トイレ】を設置したいのです!!


トイレ改修工事の予定

 なぜトイレが設置できないかは本文に詳細が記載してありますので、そちらをご参考いただければと思います。


 とどのつまり、

「水道が全く通っておらず、管が破裂を繰り返し衛生的でない」ということに活動過程で初めて気づき、当初の予定から大幅にお金が足りなくなってしまった。

というのが今回クラウドファンディングに挑戦したきっかけであり、支援金の使用用途になります。


 当然のことながら、衛生的なトイレがないとお店が運営できません…!!!


 トイレ問題はピンチですが、他の工事は非常に順調に進んでいます。

先日ワックス塗りをした板張りの部屋は、コワーキングスペースとして活用予定です。

 電気やネット環境の整備も先日完了し、コワーキングスペース的な仕事場以外にも、通信制の高校生の勉強場所や、アロマテラピーをやりたい○○教室といった場所貸しとして使いたいといった相談を受けるようになって、思っているよりも様々なニーズがありそうです。

壁紙をはがし、古民家ならではの魅力がさらに増しています。

 掲載してる通り、着々と進んでいるんです!!

 

 そんな中唯一足りないのが、上下水道工事とトイレの設置なんです!!!

 ですので、これからご支援いただきますみなさまからのお力が、お店のオープンに本当に本当に直結することとなります!!!

 改めて、お力添えいただけませんでしょうか?


田んぼからの筑波山

 今回は改めてクラウドファンディング挑戦の理由を記載させていただきました!


 残り5日です。

 筑波山麓北条は、美しい街並みや情景が広がる地域です。

 そんな場所が多くの皆様に届き、さらに地域を盛り上げていくためのお店である「iriai tempo」を、みなさまと一緒につくり上げていけたらと思っております。


 何卒、ご支援をよろしくお願いいたします!!


iriai tempo / 筑波大学 橋永貴郁

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?