2021/03/15 09:47

こんにちは!

本日はキューバ出身のアンディのご紹介です!


キューバってどんな国?

スペイン語が主要言語で英語をナチュラルに話せる人は実はとても少ないんです。

アンディは英語が話せるいとこがおり、その影響で話せるようになったそうです!

私も実はカナダに留学していた時にキューバへ1週間旅行に行ったことがあり、とっても愉快な人たちが多く楽しい思い出ができました^^

カリブ海の真珠といわれるキューバは、本島のほかおよそ1,600の島や岩礁からなる、カリブ海最大の島で、みなさんの印象とえいばアメリカの経済制裁で厳しい状態が大きいかと思いますが、現在はカナダやヨーロッパ諸国からの観光客でとても賑やかになっています!絶景の海や自然、スペイン・コロニアル時代のままの町がとっても魅力的です!

とてもみんな陽気でビーチで私は突然ダンスバトルを仕掛けられたことを覚えています。。。笑

Interesting facts about Cuba!



1.30年間クリスマスが禁止された時期がある

1959年にカストロの共産主義政府が政権を握ったとき、キューバは無神論国家と宣言されました。 1969年、カストロはクリスマスの休日を廃止しました。その理由は、クリスマスが国の砂糖生産に悪影響を及ぼしたためです。キューバのクリスマスの30年間の禁止は、教皇ヨハネパウロ2世の歴史的な訪問の後、1997年に終了しました。クリスマスが禁止された期間は、地元ではラスナヴィダーデスシレンシアダス(サイレントクリスマス)と呼ばれています。


2.キューバは世界で最も識字率が高い国の1つ

キューバの識字率は99.8%で、世界で最も高い国の1つです。キューバ革命後、カストロ政権は、非識字をなくし、すべての人、特に疎外された背景を持つ人々が学校にアクセスできるようにすることを目的として、キューバ識字キャンペーンを開始しました。教育は6歳から15歳まで義務化され、私立の学校や大学は国有化されました。識字能力のあるキューバ人は、16歳の若さで、大人と子供に読み書きの方法を教えるために地方に送られました。この成功した識字キャンペーンは、1961年1月1日から12月下旬まで続きました。


3.縫いぐるみ人形を燃やすのが、大晦日の伝統

大晦日には、多くのキューバ人が実物大の縫いぐるみ人形を燃やして、前年に別れを告げます。 この伝統はキューバ革命後にほとんどなくなっていましたが、最近再び人気が出たそうです。 人形はモニゴートと呼ばれ、キューバ人は通常、真夜中燃やすために通りや広場に集まります。 もう一つの新年の伝統は、未調理の卵を取り、それを全身にこすりつけ、(足の裏と頭を中心に)それから一年の願いを込めてそれを割ります。 卵はあなたの人生でネガティブなものをすべて吸収してくれると信じられています。


4.ヒッチハイクは一般的な移動手段

キューバを旅行中に気付くのが、幹線道路にたくさんの地元のヒッチハイカーがいることです。 キューバ人の大多数は車を所有していません。 輸送システムは近年改善されていますが、バスは通常混雑していて頻度が低いため、多くのキューバ人は目的地に到着するためにヒッチハイクに頼っています。 政府の車両は、ヒッチハイカーを拾うことが法的に義務付けられています。



==========

Figsで働くことが大好き!日本にいる限りは手伝わせてよ!といつも言ってくれるアンディ。開校時からFigsをずっと支えてくれ、生徒たちを楽しませてくれる魅力的な講師です。

そんなアンディから皆様へのスペイン語でのメッセージです♪


Gracias a todos aquellos amigos que se han detenido por un momento y han decidido contribuir a nuestro proyecto, cada donación significa muchísimo para nuestros niños en FIGS International School, una maravillosa escuela para la que tengo el gusto de trabajar desde el 2019 con un excelente proyecto para los niños que tienen la oportunidad de aprender inglés junto a profesores muy profesionales de distintas nacionalidades. Un gran saludo y gracias nuevamente.

                                                  Profesor Andy (Cuba)


(日本語訳)


しばらく立ち止まって、私たちのプロジェクトに貢献することを決めてくださったすべての皆様に感謝します。

すべての寄付は、フィグスインターナショナルスクールの子供たちにとって大きな意味があります。

さまざまな国籍の非常に専門的な教師と英語を学ぶ機会を持つ子どもたちのための素晴らしいプロジェクトで、2019年開校時から毎週働くことをいつも楽しみにしている素晴らしい学校です。

ご寄付いただいた皆様、ありがとうございました!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?