2021/02/14 10:47

※永村幸治 with Sound Splashの生配信実施場所は石川県金沢市を予定しております。

■コメント動画


■プロフィール
2007年より、津軽三味線:永村 幸治(ながむら こうじ)が中心となり、和楽器と洋楽器の組み合わせで、伝統的なスタイルを残しながらも「和楽器」「三味線」「民謡」を聞いたことがない若い世代にも聞きやすく、楽しめるライブをしたい!そして、新たなる三味線音楽を作りたい!という想いで結成したバンド。
初期メンバーはBass : 馬場 建史(ばば たけし)、Drums : 米田 雅人(よねだ まさと)の計3名から石川県金沢市を拠点にスタートした。
※当時は永村幸治バンドとしてライブ・演奏活動を行っていた。

2008年、Piano : コナカデ ノブエがバンド加入。
2010年、Guitar : 千田 岳夫(せんだ たけお)がバンド加入。
永村幸治が地元金沢で初めてコンサートを(金沢市民芸術村 パフォーミングスクエアにて)開催することとなり、バンド名が「Sound Splash(サウンドスプラッシュ)」に決定した。
メンバー、Piano : コナカデ ノブエ、Guitar : 千田 岳夫、Bass : 馬場 建史、Drums : 米田 雅人に津軽三味線 : 永村 幸治の編成で「永村幸治 with Sound Splash」となる。その後、北陸在住の洋楽器のミュージシャンや、和楽器奏者、民謡歌手と共演、様々なゲストミュージシャンを招き演奏活動を行う。

2014年、Piano : コナカデ ノブエが他界。その後、ピアノ不在のまま活動していたが、
2015年、Violin : Rena.(れな)が加入。同年からPiano : 後藤 洋子(ごとう ようこ)、Drums : 端 賢士郎(はな けんしろう)もサポートメンバーとして参加している。

2017年には「永村幸治LIVE 10th Anniversary Special」を開催、出演し、津軽三味線、ヴァイオリン、ギター、ベース、ツインドラムの6名で演奏。
ジャズスタイルからロックスタイルまで振り幅が広く、メンバーの全員が石川県金沢市拠点だからからこそ出来る音楽を追及し続けている。

HP http://nagamura-koji.main.jp/sound-splash-page/

■永村幸治プロフィール
永村 幸治(Koji Nagamura)
1984年3月6日 生まれ
石川県金沢市 出身

9歳の時、両親の影響と袴姿に憧れ民謡三味線を北嶋晴武氏に師事。
12歳の時に津軽三味線を初めて聞き、
その迫力と技術と音色に心打たれ、13歳で一川明宏氏に師事。
その後、津軽三味線の全国大会で数々の賞を受賞し、2005年には、津軽三味線全国大会inKOBE 一般の部で優勝。

2006年からは、小・中・高校や各種団体などで「人生を変えた津軽三味線」と題し、
講演と演奏をしている他、県内外の中学校・高校で、独奏とバンドスタイルでの芸術鑑賞会も行っている。

また、2002年には「SING LIKE TALKINGの佐藤竹善」との共演、
2006年には「モントレージャズフェスティバル in NOTO」に出演。
2010年から地元石川県でのコンサートを開催し、2011年2月には自身の1stアルバム「Going.」発売。
2011年6月には「石川テレビ放送」で放送される百万石まつり特番に楽曲提供。(オープニング曲「地平線」、エンディング曲「合戦」)
2014年には飛鳥Ⅱゲストエンターテイナーとして乗船。
2015年2月にはMONKEY MAJIK15周年記念ライブ 日本武道館出演、同年7月から石川の銘酒「菊姫」のCMに出演・楽曲提供「蔵人〜KURODO〜」
2017年4月 2ndアルバム「unleash」を発売。
2018年9月には京都 二条城で開催された「和楽器サミット2018」に出演、
同年12月には東京 神田明神文化交流館こけら落とし公演「SHAMI FES 2018」に出演。

県内外の小・中・高校での芸術鑑賞会や「人生を変えた津軽三味線」と題した演奏を交えた講演をし、若い世代へ向け三味線音楽や和楽器を体感してもらう他、
番組への楽曲提供、音楽作品への参加など幅広く活動している。
2007年から活動している「永村幸治 with Sound Splash」では、Rockをベースに楽曲を制作し、
津軽三味線に洋楽器というバンド編成でエレキ三味線を使用し独自のスタイルを確立している中でも、
津軽三味線のよさを大切にしながら可能性を探り、石川県金沢市在住だからこそ出来る音楽を表現して、全国・世界へ向け、精力的に活動していきたいと考えている。

■動画

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?