2017/09/25 21:04

9/20(水) 9:00〜13:00  2階の床板貼りWSを行いました。

今回の参加メンバーは‥

細川淳平さん/農テンダー(写真後列左)

漆戸美保さん/フォトグラファー(写真前列左から2番目)

岡村未来子さん/一級建築士(写真後列右)

お忙しい中、本当にありがとうございます。

 

まずは、作業前の様子です。

下地材の綺麗さに、このままでも良いのでは?と思ってしまいます。

はやる気持ちを抑えつつ、まずは下地材の上の掃除から始めます。

古材の足場板を使います。特に裏表は無いのですが、傷の有無やペンキのハネ、反りを1枚ずつチェックしてどちらの面を上にするか決めます。

部屋の4角のうち、1つを起点にして足場板を縦、横、縦、横、タテ、ヨコ‥と並べます。

並べていくとどうしても「隙間」ができるので、ここで丸ノコ登場です!

隙間を採寸してカット線を書く係、丸ノコでカットする係、カットした材料を床にはめ込む係に分かれて黙々と作業しました。

約、1時間半で広い方の部屋が終わりました。早いです^^

ここまで、約3時間!!

2部屋目はさらなる連携プレーと丸ノコに慣れてきて精度も上がっていました。

1枚目の写真と比べるとクラフト感がパワーアップしてます。 

1枚、1枚足場板の表情が違うので見ていて飽きません。

お疲れ様でした^^

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?