2017/09/28 16:37

どもー!佐賀から長崎へとゆらゆらと電車に揺られております。としちる(@ture_tiru)です。

 

福岡に着いて博多ラーメンを味わったり、少し外れたところに作られたシェアオフィスにお邪魔してきたりしてきました!

 

福岡市西区、海辺のシェアオフィス「SALT

 

SALT 2Fのコワーキングスペース

 

旅する目的はアンバサダーを探すことはもちろんなのですが、僕がTsukuba Place Labというコワーキングスペースで活動するに当って、その地域のコミュニティになるような場所にも積極的にお邪魔しています。

また、東京のイベントの際にお会いし、その後も連絡を取り合って、『カタルタ』の販売権利をACADEMIC CAMPの期間頂いた福元さんとも再び会ってきました。福元さんが『カタルタ』に込めている思いや背景、そして今後の展開を改めて聞くことができ、新たな気づきも得ることができる貴重な機会でした!

 

語りを遊びに変える言葉のプレイング・カード『カタルタ』を考案、販売している福元さんとの再会 in 福岡

 

そして、福岡を一旦後にし佐賀へ!沖縄や福岡に滞在している間、さまざまな方に人をご紹介頂き、またおすすめのスポット等も教えて頂きました。その中でも佐賀県庁最上階におけるプロジェクトマッピングを用いた「星空の水族館」も僕が参加していたLIFEMAKERSでお話を聞いていたというか仕掛けている本人からお話を聞いていたのでなかなか興味深く拝見してきました!

 

人が作ることを語源とした「アート」と人の営みを守る「県庁」という「人」起点に催されたアート県庁プロジェクト

 

そして、今日ついに佐賀のアンバサダーとしてさまざまな方にあげていただいた有松さんと出会ってきました。有松さんは佐賀を中心に活動し、「街なかの水槽屋」を名乗ってコミュニティ形成などを含めた活動をしている方で、いわゆる「大学×地域」の文脈にいる方です。

しかし、どうしても就職間近で当日の都合が分からないということで、後輩の伊崎くんを紹介して頂きました。伊崎くんも議論をしていくことをためらわないタイプ。これからを担う者としてぜひ成長の機会にしてほしいということでアンバサダーとなって頂けることになりました!

 

佐賀のアンバサダーとなってくれた伊崎くんとその師有松さん

 

本当にさまざまな方との出会いの連続を繰り返しながら、その街を歩き、人と話すことを繰り返しながら、僕自身もまだまだこれからのことについて試行錯誤しながらの道中です。

 

佐賀から長崎に向かい合いだの海や田んぼの景色の数々

 

おそらくこの旅やACADEMIC CAMPにおいて一番得をしているのは僕だろうなという自覚が改めて芽生えてきました(笑)

ですが、おそらく一番大変なのも僕です…

 

主催者なので当たり前なのですが、楽しいことばかりではありません。

ですが、やはり総じてすごくやりがいもあるし、ワクワクします!

 

今はその気持ちも胸に、少しずつ少しずつ、ACADEMIC CAMPに向けて助走をつけて、飛んでいきたいと思います。

 

さぁ、次は長崎だー!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?