2021/08/21 09:30

応援いただいたみなさまへ 

こんにちは!ダイアログ事務局です。
新型コロナウイルスの広がりや大雨による各地の災害など、心配な日々が続いておりますが、どうか一日でも早く、安心できる日々が訪れますように。

皆様に応援いただいておりますダイアログ・ミュージアム「対話の森」は、感染対策に万全を期し、運営回数も最低限に絞りながら、対話の門戸を閉じることなく運営を続けております。
そして皆様にご支援いただき達成いたしました、「ダイアログ体験をもっと多くのこどもたちに!」という思いは、「DIALOGUE SUPPORTERS PRESENTS 対話の森 こども5000人たいけん」と名を変え、まもなく皆様にお知らせができそうです!

さて、今回はOA情報のお知らせです。
本日21日(土)18:05-18:45、パラ特番として、NHK総合「アニメ・イン・ザ・ダーク」が放映予定です!
視覚障害者がイメージする“目では見えない世界”のアニメ化に挑む特別番組。カンヌ受賞経験もある高瀬裕介監督がダイアログ・イン・ザ・ダークを体験し、ダークアテンドひやまっち、きのっぴぃやゴールボール選手と半年間対話しながら作り上げられた5分間のアニメ作品および、その制作過程が放映予定です!

<概要>
8月21日(土)18:05-18:45 NHK総合
「アニメ・イン・ザ・ダーク~視覚障害者がイメージする“目では見えない世界”のアニメ化に挑む」
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=30570
東京パラリンピックでメダルの期待がかかるゴールボール女子日本代表。視覚障害のある選手たちは、なぜ敵のフェイントに惑わされずに、敵やボールの位置を察知できるのか。わずかな物音や振動、ラインの感触など視覚以外の全ての感覚を研ぎ澄まして戦う女子代表選手の脳内イメージ、さらには一般の視覚障害者が思い描く世界観を、数々の賞を受賞するアニメーション監督の高瀬裕介さんがアニメで描くドキュメンタリー。

ぜひご覧くださいませ!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?