POOL JAM EXPO から3週間が経ちました。

この3週間の間は様々なPOOL JAM EXPOの事務手続きや、本来の株式会社ミホロの業務をこなしていく傍らで、色んな方にEXPOの感想をお伺いしたり、EXPOホームページのリニューアルに着手したり、SNS(Facebook、Twitterなど)でイベントの様子をお伝えしたりしていました。

関わって頂いた方々に様々なご意見をお伺いしていく中で、多く言って頂いた言葉の一つに「まずこの第一歩を踏み出せたことが大きなことだと思う。」というお声があります。

水泳大会はそれまで研鑽してきたスイマーが充実した時間を過ごす場ではあり、とても大事な価値であることは間違いありません。

ですが、今まで水泳・プールという業界が一堂に介してスイマーもスイマーじゃない人にも楽しんで貰うというイベントはあまり例がありませんでした。

例がないだけに、前に進めるためには、毎日、毎時間に決断をしていくという事が求められてきます。

決断には、時にどうしても必要な意見やアイデアを切り捨てていかなければならない事も多くあります。

予算、準備、タイミング、場所、様々な相手との関係・・・などの多くの要素が複雑に入り混じる中での決断には怖さが常に隣り合っていました。

ですが、関わって頂いた方が入る事によって、「誰のためで、何のためにやっているのか」という事がより鮮明に、そして詳細まで見えるようになり、

早めの決断を繰り返すことが出来るようになりました。

それでも、このEXPOの準備で遅きに失した決断が数多いのも確かです。

初めての事をする怖さがあったからこそ、多くの方から言って頂いた「第一歩を踏み出せた事が大きい」という声に支えて頂きます。

 


私も地元のイベントに関わり実行委員長として運営をしていますが、0を1にすることの大変さや、偉大さは言葉にしようが無いほどに凄い事だと感じます。

今回支援して頂いた方と、メッセンジャーなどを含めて話をする機会が多くありました。

その皆さんからのそれぞれのコメントで、「そういえば自分もこういう時に本当に大変だった」というそれぞれの体験談を教えて頂いたのです。

この支援をして頂いた皆さんも同じように0を1にすることの途方もない大変さを経験し、そして苦しい思いをして乗り越えてきたのだと改めて思い知ります。

それだけに、そういった同じ経験をされてきた方とのやり取りは言葉にならない程に進む道に向けて励まされました。

支援して頂いた方と、改めてしっかりと話をしてみたい。とも改めて思うキッカケにもなりました。

これから時間をかけて色んな方とお話をさせて頂けることを楽しみにしつつ、そして「支援してよかった」と思って頂けるように、この最初の価値をしっかりと育てて参ります。

 


【ご報告】
クラウドファンディングリターンにつきまして
・Tシャツ・・・10月中の発送予定となります。色やサイズは改めて直接(メールにて)お伺いします予定です。
・ステッカー・・・お受け取りになられていない方へのステッカー発送を9月下旬より進めて参ります。

 


今村裕司

活動報告 - パトロン限定公開

POOL JAM EXPO 開催の御礼

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

こんにちは、今村裕司です。

 

 

株式会社ミホロ(水泳専門店)としても

 


ぷらっとほうむの推進委員長としても

 


ぎふネットショップマスターズ倶楽部の西濃支部長としても

 


大野町商工会青年部部長としても

 


以前関わらせてもらった道の駅検討委員会メンバーなどでも、今ディレクションで関わらせてもらっているぎふネットビジネスハイスクールでも

 


それ以外の日常的なことの些細なことでも

 


ここまで色んな役割をいただき、それぞれのシーンで様々な発信をしてきましたが、振り返ると自分の軸はいつも一緒だったような気がします。

 


「新しい可能性に目を向けること」

 


みんなが同じことに固執し、みんなが同じステージに居続けると、いつか閉塞感が出てしまう。

 


誰かがその閉塞感を望んだわけではないけれど、閉塞感が出ないうちに動かないと場はそうなってしまう。

 


だから自分は外の世界に手を伸ばしたくなる。

 


その先がどうなっているのかはもちろんわからないことの方が多いけれど、先には楽しい可能性が確実に秘めています。

 


今よりももっと広い世界を垣間見て、その世界が楽しければ、色んな人に伝えたくなる。広げたくなる。

 


今挑んでいるPOOL JAM EXPOは、その最たる一つです。

 


人口減少、少子化、ニーズの多様化、その他の様々な要因によって、プールという場が日本から姿を消していっている。

 


どの業界でもあることかもしれませんが、マイナスの要因をあげればきりがありません。

 


でも、みんなが集まりたくなる場所を作れば、きっとその活路が広げられる。

 


水泳用品の販売を続けてくる中で、何年も何かを変えなければいけない。と模索していました。

 


でも、「プールに人と笑顔をもっと集める」という思いを本気で掲げて一歩一歩前に進み、そして挑んでいるRockin’Poolの代表西川さんに出会い

 


その夢を絶対に実現できるはずだと確信し、その誰よりもプールで夢を見られる西川隼矢さんを筆頭にして、その可能性に挑もうと思ったのがこのEXPOの始まりです。

 


常に新しい価値を作り上げていくRockin’Pool

 


今まで大事に価値を育ててきた大手ブランドや魅力的な人たち

 


普通にしていると、この2点が交わることは正直少ないのだと思います。

 


でもJAM(自由で集まったメンバーの即興セッション)という名のもとに集まった演奏は魅力的でした。

 


自分でできる範囲の最高の投げかけ演奏(こんなことやって見た)をし、その投げかけを受けた人が、また最高の即興演奏(答え)を返していく。

 


実行委員として毎日様々な準備を進めている私自身ですら、最初予想しなかったようなコラボ(JAM)が次々と生まれていっています。

 


この準備をしていて身の回りの人から出てくる意見で多かったのが、「実は以前水泳部だったんですよね。応援しています。」

 


という声です。

 


このJAMの場に少しずつ反応をしてくれて、少しずつこのJAMに興味を向けてくれている人たちが増えています。

 


なんとか、このEXPOを成功させ、次に繋げる糧を応援してください。

 


クラウドファンディングも残り3日しかなくなりました。

 


水泳部だったの方も、色んな閉塞感を感じている業界の方も、面白そう!と興味を持っていただける方も

 


どうか応援のほどを、よろしくおねがいいたします。

 

こんにちは、日に日に話し合いが濃くなり、楽しみばかりが溢れている今村です。

 

 

今回は、チラシとタイムテーブルの画像をアップしました。 

 


実行委員みんなで話し合った内容や、決まった内容、どんなイベントがあるかなど、

 


Facebookやtwitter、インスタグラムでもイベント情報を随時アップしていっています。

 


ちなみにそれぞれのSNSの中でも、Facebookで一番熱く語らせていただいています。

https://www.facebook.com/PoolJamExpo/

 


ぜひご覧ください。

 


CAMPFIREでは、この開催への思いを綴らせていただきます。

 


さて、イベントの楽しさが毎日のように増えていって、楽しみも倍増し続けています。

 


この楽しさを伝えたい!というイベントが多いあまりにFacbookは1日2回の更新を続けております。

 


それでも、この魅力を伝えきれないもどかしさを感じている毎日です。

 


今回が初めてのイベントですから、まだまだ体験したお声も、写真もないのが現状です。

 


それでも、実行委員みんなが「これ面白いよね!」と感じたものを純粋に形にしていっており

 


楽しくできていると確信もしています。

 


だからこそ、やっぱり実際に目で見て貰える人を増やしたい。

 


実際に体感してほしい

 


この空気感を感じて、友達に「楽しいよ!」と、伝えて欲しいのです。

 


「欲しい」ばかりが多くなりますが、それでも、やっぱりこのプロジェクトで面白いものができてきている以上は、知って貰えることが一番の恩返しだと思っているからです。

 


より多くの人が楽しみ、プールという場に様々なJAMが生まれた時に、全国の人が楽しめるようなイベントに成長していけるはずです。

 


このイベント応援していただき、関わっていただいている皆様に改めてお願いです。

 


水泳をする人にも、しない人にも

 


色んな業界で閉塞感を感じている人にも

 


みんなで、業界の力を集めようとするイベントが来週開催されるんだよ。

 


そうお友達、身の回りに伝えていただけないでしょうか。

 


このイベントをさらに一緒に盛り上げていけることを、お願い致します。

 

 

 

実行委員のメンバーによるJAM

良いイベントには必ず思いがあると、私は思っています。

CAMPFIRE の本文にも記載をさせて頂いたように、私は地域活性のイベントの運営をボランティアでやってきました。

地域活性のイベントでは惰性になるイベントと、大きく成長するイベントがあり、その違いは思いが“ある”か“ない”か、です。

良いイベントになるのは、メンバーの中で熱くも共有された思いがあるときです。

私が関わらせて貰った地域活性イベントでは、私と同世代の人が一緒にイベントを作っていたのもあって

“小さな子どもを持つ子育て世代も楽しいと感じるような場所を作りたい。”

誰かが言語化したわけではないはずですが、そんな思いが共通してありました。

その思いを元に、みんなが意見を活発に出しあって、本当に多様な意見やアイデアが飛び交う。

色んな意見が出れば、時に相反する意見も出ます。

でも、

「どちらの意見が子どもたちが楽しい?」

「どう作ると、子どもを連れてきた家族がまた来たいと思える?」

そんな基準で最後の決定がされ、動き出していくのです。

そういった基準にしていると、時に実現が難しい意見・アイデアが決まる事があります。

でも、そうやって出し尽くされた目標とする困難な意見のためにみんなが動き、可能性を模索することで活路が開かれ、新しいアイデアが実現し、価値が生まれていく瞬間を私は何度も見てきました。

思いが無いイベントは、必ず安全な方向へと流れていくと私は思います。

思いがあるイベントは、その過程の中で自分たちが想像し、渇望する未来に向けて創り上げてる。

そして、自分たちの想像を超えるものが出来上がっていくのです。

その想像を超えた瞬間を現場で立ち会っていると、鳥肌すらたちます。


自分たちの想像を超えるものが出来上がっていく時は、決まって色んな人の助けや、強力なバックアップがあります。

このPOOL JAM EXPOでは確実にそれが実現しつつあります。

先日投稿させて頂いたフィンスイマーのドリームチームともいえる方々の参加もその象徴的なひとつです。

最初は水中でファッションショーをしたら魅力的で楽しいのではないか?

という所から始まったこのイベントが、当初は想像もしていなかった程の強力で魅力的な方々が参画することで、遥かに面白いものが仕上がっていきます。


ここで、改めてPOOL JAM EXPO の名称にあるJAMという言葉を振り返ります。


JAZZなどの演奏の場では、ある演奏者の投げかけた即興演奏に対して、別の人が最大限の即興演奏を返し、その生まれた演奏を元に別の人が新たな答え(演奏)を加えていく。

演奏者たち自身が最高の結果をキャッチボールのように交わすことで、新たな演奏が生まれていくのです。

自由奔放、でも実力者たちが集った場の JAM は言葉に表されない程の価値が生まれていきます。


POOL という場で行われる新たな JAM

水泳・プールをこよなく愛する人たちが作り上げた面白くて仕方ない時間と場所。

ぜひともこのイベントを楽しみ、参画し、一緒に JAMを作り上げていく方が増える事を、心から楽しみにしています。

※今回の写真は地域活性化イベントぷらっとほうむの開催日の早朝に撮影された写真です。
当日に向けて準備に準備を重ね続けてきて迎える当日はやはり自然と笑顔になります。
POOL JAM EXPOでも、こんな素敵な笑顔の集まる写真を撮れるのが楽しみです。