2021/02/21 20:25

M氏 80代 女性 独居(本人の許可のもと、掲載しております。)

元々、元気で畑の草取りや野菜を作ったりされていましたが、入院をきっかけに筋力低下による歩行のふらつきがみられました。

退院後はバランスを崩して転倒したり、今まで行えていた買い物やお墓参りに行くことが困難になり、自宅にこもる生活となってしまいました。

あまり主張はされませんでしたが、お話を聞いていると旦那さんのお墓参りに行きたいと言う気持ちが感じられました。

退院後の症状観察と日常生活の見守りが依頼内容でありましたが、ご本人・ご家族と相談してお墓参りに行くことを目標に介入していきました。

自宅内での歩行から始め、玄関にある段差の乗降、玄関からシニアカーがある倉庫までの歩行と段階的に取り組み、ついにお墓参りに行くことができました。

一時期は「しょしゃんなかね。迷惑ばかりかけて。(訳:情けない。迷惑ばかりかけて。)」と表情を暗くすることが多かったですが、今は笑顔の時間が増えました。

すみません、画像ではわかりませんがとても穏やかな表情をしています。私もめちゃめちゃ笑っています(笑)


【症状観察】【生活の見守り】【歩行訓練】【お墓参りの付き添い】をケアプランとして対応させていただきました。

病院に在職中のため、名前や顔を覚えてもらう宣伝活動として、開業まではボランティアで対応しています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?