2021/04/06 15:54

今日は「療育(りょういく)」という言葉について学びましたのでシェアします♪


わたしたちヘルパーには聞きなれない言葉なのですが、障害をもつ子どもさん達が通う【児童発達支援事業所】や【放課後等デイサービス】では、「療育」が基本です


「療育」という言葉は、もともと身体障害のある子どもへの「治療」「教育」を合わせたアプローチをあらわす言葉だったそうです。

いまでは、身体的な障害にかかわらず、障害のある子どもの発達を支援する働きかけとして「療育」とつかわれることが増えてきました。


子どもの発達には個人差があります。障害のある子どもたちの場合、発達に合わせて障害の特性を考慮しながら「療育」のアプローチを考えていくことが大切だということ。

子どもさんの「できること」を増やしたり、「潜在的なチカラ」を見つけられるアプローチを心がけていきたいです。


今日も読んでいただいてありがとうございます♪
このプロジェクトは、あと14日と迫ってきました!

 \ 口コミ、SNS拡散 /

していただけるとありがたいです!
さいごまで、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします!(^^)!


合同会社ココロ
代表 松久保勇樹・メンバー一同





この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?