2021/06/02 22:54

「草をいただきたいの」と 、再び、お茶とお華の先生の

内藤満里子さんがいらっしゃいました。

私: 「草?」

そうして季の野の台所のあちらこちらを二人で歩き、1枚1枚を丁寧に摘んでいかれました。

お帰りになってから送られて来た写真がこちら。

まるで、野生児が美容院に行ってきれいにしてもらったあとのようです。

さすが茶華道の先生と尊敬するしかありません。

来週、この熊笹とイグサで満里子さんと一緒にちまきを 作ります。

来年、支援者の皆様がいらしてくださるのが今の季節なら、

同じ葉っぱをお茶にして、ちまきも作って一緒に 食べていただけるとうれしいです。

以下、永遠の文学少女でもある満里子さんの言葉をお伝えします。

****************

それぞれの姿に
それぞれの香り
地球に生きる
植物たちのそれぞれ。。。


ヤブニッケイ
クマザザ
柿の葉
甘茶
苧麻
しろつめ草
マコモ
イグサ


背伸びしながら
ひとついただく
花がある


しゃがみこんで
ひとついただく
花がある


心が閉じこもった時は
背伸びしなさいと
教えてくれる花がある


調子こいてるときは
足元を見なさいと
教えてくれる花がある


存在には
理由(わけ)がある。


*****************

お会い出来る日を楽しみにしています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?