2021/04/17 11:00

4/17(土)今日はあいにくの天気ですね。
SAKAMICHI BREWINGのTシャツを着てcafe sovさんで朝活しながら記事を書いてるばっくです。
朝のちょっとしたひと時を有効に使えると、なんだか1日得した気分になります。

コロナが始まり生活面で大きく変化したことが2つあります。
1つは朝の時間を有効に使おうと思ったこと。
もう1つは家から徒歩で行けるところにあるお店を探検しようと思ったことです。
朝の時間の有効活用は在宅ワークが増え通勤時間がなくなったことによるものですが、通勤がなくなると本当に

   あ る か な い!

歩数計を見ると1日200歩なんて日もあります。
ベッドとトイレとリビングしか行き来しないとこんなもんです。。。

それを解消しようと始めたのが御近所散策。
僕は立川から少し離れた場所に住んでいるのですが、そういった場所にも地域から愛されるお店があるんですね。
初見だとなんとなく入りづらいけど、一度入ればその魅力に釘付けです。

さて、本日ご紹介するのは富士見町の新奥多摩街道沿いにあるふじみ食堂さんです。
まさに地域から愛され、新奥多摩街道を使う方からも愛される食堂です。

立川食べ歩き隊の田中さんがレポートしてきてくれました!

〜〜田中さんレポート〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ふじみ食堂(富士見町7丁目新奥多摩街道沿い)
本日のレポートは、食べ歩き隊でも何度か投稿されている「ふじみ食堂」さん。

レポートで改めて訪れたら、タイング良くご主人の芝田さんからもお話を伺えました。
創業は1963年、東京オリンピックに向けて街道が開通したときに、先代のお父様が開業したそうです。

ただ、なんと先代は料理ができなかったのだとか(笑)

その代わり中華をしっかり修行された方が厨房を取り仕切っており、今よりもメニュー数が多かったそう!
行ったことある方はわかると思いますが、今も相当メニュー数あるんですよ。

驚きです。


今のご主人は、その方に10代の頃から師事し跡継ぎの道を進むことにしたそうです。

訪問した日は今まで頼んだことない「肉とネギ炒め」と「もつ煮」にしたのですが、これが大当たり!!

肉が隠れるほどのネギに良く火が通っていて、絶妙な触感でした。
少し濃いめの醤油味で、これこのままどんぶりにしてワシワシいったら絶対旨いやつです。

もつ煮はもつ煮で、すっごい柔らかく臭みもないのに、もつの味がちゃんと残っていて本格的なお味。
両方とも絶対また注文すると思います。

定番の五目やきそばは、見ての通りゆで卵・チャーシュー・かまぼこ・伊達巻・なるとの五目がソース味のやきそばにのっています。 ついつい頼みたくなる見た目も含め、クセになる一品です。

こんな素敵なメニューが多いふじみ食堂ですが、ご主人に味のこだわりは?と伺ったところ、
「教わった通りに作っている。だから調味料もその頃から当たり前にあるもの(さしすせそ・ソース・ケチャップなど)だけ。」
とのお答えが。
すごくさらっと仰ってましたが、それを50年間地元に愛されながら続けているってものすごいことですよね。

いつ食べてもほっとする味の秘訣が垣間みえたお言葉でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ふじみ食堂は僕も何度も訪問してます。
いつきても変わらない親しみのある味。
僕は夜に行くならニラレバー炒めとワンカップをお勧めします。

駐車場がありますので車(車の場合はお酒は×)での来店もOKです。

近くには多摩川が流れてますので、多摩川でお散歩をして、ふじみ食堂でお食事なんてのも楽しいですよ!
定食も充実してますので是非一度訪問を!
SAKAMICHI BREWINGのTシャツを着てcafe sovでふじみ食堂の記事を書いている僕が言うんだから間違い無いです(笑)


【お店情報】

店名:ふじみ食堂


住所:東京都立川市富士見町7-37-22 ふじみビル 1F


電話:042-523-4791


ホームページ: https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13080834/


        


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?