2021/04/09 10:41

昨日の国会(参議院内閣委員会)において、ストーカー規制法改正についての議論がなされ、チキラボによるつきまとい実態調査結果が取り上げられました。

言及いただいたのは、柴田巧議員(日本維新の会)と、田村智子議員(共産党)。

柴田議員は、調査では恋愛感情になく関わりの薄い人からのつきまとい被害が3割あった点について。※現状の法律では「ストーカー=恋愛感情に基づいたつきまとい」とされているため、そういった被害は法律の適用外

田村議員は、こうした点についてのほか、加害者の治療の必要性についても質問されていました(本プロジェクトについても言及いただきました)。

国会で論点化されつつあることは、つきまとい実態調査プロジェクトとしての第一歩です!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?