2021/04/22 15:00

こんにちは!キャリアドベンチャーです。

3回シリーズでお送りする創業秘話、最終回は「実現したい世界について」をテーマにお送りいたします。


Q:キャリアドベンチャーを通して、どんな世界を実現していきたいですか?

<水野>

前回のときにも少し話してしまいましたが、キャリアドベンチャーを通して実現する究極の目標は、「人類の新陳代謝を早めること」です。

いままで数々の理不尽や価値観の相違と戦ってきたんですが、ことごとく敗れてきたんですよ、私。笑
あぁ、人間って結局死ぬまで変わらないのかなーって途方に暮れたりして。
突き詰めて考えると、ますます、時代が変わるって、人が死んだり生まれたりして、入れ替わることなのかなって最近思うんです。

でも諦めたわけではないというか、むしろ逆に、だったら若い世代に向けた事業をすればいいって、方向転換したんです。

情報化社会っていうのなら、人生経験だってどんどん共有しなくちゃ。
そうしたら先人と同じ失敗はしなくて済むし、新しい世界を切り開く人の数が爆発的に増える。

そんなことを考えていると、もう楽しくて仕方がない。

人間の変化の回転率が上がれば、間違いなく、日本はもう一度世界一の経済大国になれる。

そんな暑苦しいことを、私は本気で信じています。


<堀>

とにかく楽しい未来、ひとりひとりがワクワクできる世界にしていきたいですね。もう少し具体的にいうと、1人でも多くの人たちが、組織やお金に縛られずに、自分の好きな人生を、自由に、自分で選べるような世界にしたいなと思っています。

その為に必要なのは、圧倒的に「自信」なんじゃないかなと。そして自分に自信をもてるだけの能力、組織や環境に頼らなくても生きていける「個力」を身に着けることが、ワクワクする社会への一番の近道かなと思っています。

例えば、芸術家でも、アスリートでも、やっぱり個力じゃないですか。チームスポーツであっても、個力の集合がチームであって、個力が高い選手はどのチームでもやって行けると思うんですよ。学生時代、野球をやっていたのですが、甲子園に出場して思ったことは、個力高いチームは、組織としての連携する精度も高い。それは、一人ひとりが自信をもっているから、積極的にチャレンジするのでチームとしての成果が大きくなる。だから強い。

一方で自信がないと、すごく不安ですよね。そうすると、どうにかして組織にしがみつこうとしてしまう。それってとても苦しいと思いますし、組織にとっても良いことではない。

そうならない為に、自分を知り、磨き、鍛え、個力を高めることが、自分の人生を生きるために必要だと思います。

じゃぁどうやって?ってところなんだけれど、これがやっぱり難しくて。笑

特に一人で考えていると、目標が定まらないというか。自分に見えている世界ってすごく狭いから、何か気付きとか、きっかけのようなものが必要なんですよね。

個力を高めるって言っても、目指す高さは人それぞれだし、やみくもに高くすることだけが正解ではない。いろんな価値観に触れて、これは良い、これは違う、っていう作業をくりかえす。

その結果として目指すべき北極星が定まって、一生懸命進んでいけるんだと思うんですよ。もちろん、山ほどピボットしながら、ですけど。笑

その過程でしか、個力を高めることはできない。その過程こそが「自分らしい人生」であって、その集合体が私がイメージしている「楽しい未来」じゃないかなと思います。


創業ストーリー、いかがでしたでしょうか?
キャリアドベンチャーは、一緒にはたらくメンバーも随時募集しています。
堀総合研究所のHPからご応募いただけますので、こちらも是非チェックしてみてください。
https://hri-co.jp/

CAMPFIREでのご支援も、引き続きよろしくお願いいたします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?