2021/04/22 09:00

CAMPFIREの皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日4月22日は地球のことを考えて行動する日「アースデイ」です!地球のために何ができるのか、今一度考える良い機会となっています。

1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”であると宣言し、アースデイが誕生しました。その日は、地球や環境のことを考え、美しい自然環境に感謝する1日とされています。50年近い歴史を持つアースデイは、今日では多くの企業がさまざまな環境活動やプロジェクト協賛活動を行うまでになりました。

アースデイを企画するEARTHDAY.ORG™は、End Plastic Pollution campaignを通して、政策立案者から学生まで幅広い方にプラスチック汚染とその原因に関する情報を提供し、国際的な議論にも貢献しています。現在、人間と動物、生態系の健康はプラスチックから悪影響を受けていますが、その事実を知る人は多くありません。どのような行動がこの問題を改善するのかを多くの人に伝える事で、プラスチック削減に向けて、進む事が可能になります。環境問題に関する教育及び知識と行動が私たちの未来を改善へと進める第一歩です。

環境へのインパクトを重視しているオーシャンボトルは、2020年の利益の20%を問題の根元にあるプラスチック汚染を止めるために寄付しており、現在チームは1,175,178キロを超えるプラスチックを収集する事にも成功し、2025年までに合計70億本のペットボトルにあたるプラスチックが海に流出するのを止める事を目標としています。

また、今回販売された各ボトルからの収益の25%がEarth Dayに寄付されます。オーシャンボトルの目的は各オーシャンボトルの売上金から、1000本のプラスチックボトル回収のための基金を集め、沿岸地域に住む収集家に収入、ヘルスケア、教育、などを提供する事です 。

超早割価格はすでに売り切れとなっております。早割価格24%OFF残り90名様を切りました。お求めはお早めに。

地球のために何ができるのか、一度立ち止まって考えよう。

チーム一同

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?