Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

「雨ニモマケズ」の世界を洋傘に。色彩豊かなアートを宮沢賢治の故郷岩手から発信

現在の支援総額
1,277,500円
パトロン数
104人
募集終了まで残り
終了

現在127%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2017-08-27に募集を開始し、104人の支援により1,277,500円の資金を集め、2017-10-27に募集を終了しました

“違う視界から、違う世界を描き出す”をテーマに、知的障がいのあるアーティストが描くアート作品をプロダクトとして提案する「MUKU」が、宮沢賢治の誕生日である8月27日に「雨ニモマケズ」の世界からインスパイアされた洋傘・本革製ブックカバーを発表。メインモデル:高岩遼(宮沢賢治と同誕生日・岩手県出身)

【MUKUの愛するヒーローたち】残り3日

MUKUの愛するヒーローたちのプロダクトをご紹介です。

 

◆工藤みどり

ある時はふわふわと、夢見るように周囲の誰かに笑顔で話しかけたり。またある時は、一人自分の内側の世界に深く意識を沈めていたり。工藤のまなざしは、彼女の心だけに映る何かを追いかけてたゆたう。心を満たす幸福なイメージが浮かぶのか。それとも痛みや悲しみを心に映さないようにするためなのか。それとも。
工藤の製作は、瞑想から生み出されるような果てしなさがある。自分が今なにかを作り出しているという意識はあるのだろうかーー。彼女が描く時、縫う時、あるいはよくわからない「なにか」をしている時。ふとそんな疑問を感じさせる、不思議な空気が彼女の製作には漂っている。

 

 

◆高橋南

クーピーペンシルやクレヨンを塗り重ねることで作り上げられた作品は、一見すると、素早い鉛筆の動きを要する激しい制作態度を連想させる。
しかし実は、彼女の製作は非常にゆっくりと穏やかである。彼女の描きだすひとつひとつの色は、お互いに交じり合うことなく、それぞれにその美しさを主張しながら画面の上に現れ、激しさと静けさが不思議に同居しており、心を惹きつけられずにはいられない。

 

 

◆八重樫道代
 ブラシマーカーを用い、躍動に満ちた膨大な形と色彩がひしめく緻密な画面を生み出す。小さな頃から塗り絵が好きだったが、初めて「自分の絵」を描き始めたのは19歳の時。以来、堰を切ったように鮮烈な色彩と精緻な構成からなる作品を次々に生み出していった。その後体調を崩したのをきっかけに、現在は制作をおこなっていない。

 

 

 

◆佐々木早苗
 絵のみならず織り物、切り紙、刺繍など、いずれも緻密で色彩と構成の妙に富む様々な表現をおこなって来た。そして現在彼女が打ち込んでいるのは、通販カタログを1ページずつ、ボールペンの不思議な書き込みでじわじわと埋め尽くしていくこと。彼女は一つの仕事に数か月から数年集中して取り組んだあと、不意にやめて別の仕事に移るのが常。次はいつ、どんな制作が始まるのか。

 

 


◆小林覚
 好きな音楽家はビリー・ジョエル、クイーン、井上陽水、スピッツ、THE BOOM...などなど。そして散歩が大好き。小林は養護学校中等部の在学中に、日記も作文もすべての文字を独特の形にアレンジして書くようになった。初め学校の先生も何とか直せないかと苦心したが、やがてこれを魅力的な造形表現ととらえることに切り替える。これを転機に、彼の表現は多くの人に喜びを与えるアートとして羽ばたき始めた。

 

 

 

 ◆八重樫季良
 一見抽象的な幾何学パターンを描いたように見える絵だが、それが独自のアレンジによって描かれた建築物だと知ったら多くの人が驚くだろう。この表現様式を八重樫は子どもの頃、誰に習うことなく独創によって生み出し、以来半世紀余りにわたってこのただ一つのスタイルで創作し続けて来た。作品数はおそらく数千点に及ぶと思われる。その制作は、彼と色彩の間で永遠に交わされる睦まじい会話のようだ。

 

【残り4日】決意表明

クラウドファンディングで商品をご購入していただいたみなさま、目標金額の100万円を達成することができました。この場を借りて、深く感謝申し上げます。

ご支援いただいたみなさまは、他の誰とも違います。生きてきた環境が違えば、見えている世界だって違うかもしれない。当たり前のことです。でも、私たちは同志であると、勝手に、そう思っています。なぜなら数ある商品の中から、MUKUを選んでくれたのだから。私たちのプロジェクト・商品に共感し、私たちの夢を購入してくれたのだから。みなさまから預かったお金は、これからも、みなさまと共に、並んで歩いていきます。

さて、MUKUはネクストゴールを設定しました。

目標金額は、《1,269,000円》です!

2(双子)69(ムク)
MUKUは双子で推進しているブランドですので、設定した金額は2(双子)69(ムク)を設定しました。笑い話ではなく、大真面目です!

そこで、日頃から私たちの活動を応援してくださっている親愛なるみなさまに、最後にひとつお願いがございます。

ネクストゴール達成に向け、私たちは金曜日まで、全力で駆け抜けます。たくさんのMUKUの情報を発信するかと思います。その投稿に少しでも共感しましたらシェア、拡散をお願いしたいのです。

◆ MUKU Official Facebook
facebook.com/mukuofficial/

◆ MUKU Official Twitter
twitter.com/muku_official

◆ MUKU Official Instagram
instagram.com/muku_officialpage/

最後の最後まで、どうぞお付き合いくださいませ。

松田崇弥・文登

『障がい者だって同じ人間なんだ!』【残り5日】

夜分遅くに失礼します。双子の兄の松田文登(岩手在住)です。

私が小学4年生の頃に書いた作文が、
岩手県金ヶ崎町のコンクールで入賞したことがありました。

 

兄へ向けた世間の目の疑問点を小学生ながらの視点で綴っています。

 

私は名前に「文」という漢字があるのですが、文章を書くのはあまり得意ではありません。
そんな私ですが、MUKUを始めて何カ月かしたときにこの作文が母から送られてきました。

最初にみたとき「ハッ」としました。

何故MUKUを始めたのか?
何故MUKUは存在するのか?

 

MUKUの根底の部分は私が小学生の頃から変わらないのです。知的障がい者のイメージは少なからず「ネガティブ」なイメージが多いかと思います。そのイメージを「ポジティブ」に転換する。

これは小学生の僕が感じていた核心だと思うのです。私たちが大事にしていること、それは知的障がい者の可能性や才能の伸長をはかり、徹底的にブランディングすることで社会に視点の転換を求めることなのだと再認識した瞬間でした。


そして私たちと関わる全ての人に絶対的な喜びをもたらすことを目標とします。

 
相手に伝えたい!と思って書く文章にはパワーが込められています。
小学生時代に私が『心』で書いた作文を是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

MUKU
松田 文登

【御礼】目標金額1,000,000円突破 / ネクストゴール設定

2017年10月20日24時に、ご協力いただいた皆様のお陰で、無事目標金額を達成いたしました。

 

支援総額1,000,000円
支援件数78件

 

78名もの共犯者の皆様に心から感謝申し上げます。

 

プロジェクトを開始してから、たくさんの応援メッセージをいただきました。スタート前に感じた危機感は、日に日に活力に変化していったように思います。

本プロジェクトを通して感じたこと、出逢い、応援メッセージは、必ず「るんびにい美術館」の職員さんへ、アーティストさんへ、そしてアーティストさんの親御さんへ、ていねいに、ていねいにつたえたいと思います。

 

ほんとうにありがとうございます。

 

しかしながら、感動に浸るのは早いのでは?と思うのです。

残り日数、8日間、未だ終わった訳ではありません。

 

そこで、MUKUはネクストゴールを設定し、以下の金額を目標とします。

 

目標金額【1,269,000円】

 

2(双子) 69(ムク)

MUKUは双子で推進しているブランドですので、設定した金額は2(双子) 69(ムク)を入れさせていただきました(笑)

 

日頃から僕らを応援して下さる皆様に最後にひとつお願いがございます。ネクストゴール達成に向けて僕ら双子は残り8日間、全力で駆け抜けます。たくさんのMUKUの情報を発信するかと思います。その投稿に少しでも共感しましたらシェア、拡散をお願いしたいのです。

 

残り8日間。

るんびにい美術館と、小宮商店・GRANESS Tokyoと、宮沢賢治と、高岩遼と、そしてMUKUを支えてくれるみなさまと、共に、奔走します。

 

松田崇弥、松田文登、西野彩紀

70seeds:「ハートに火をつける」Webメディア初の双子で本日掲載【残り10日】

70seeds:「ハートに火をつける」Webメディアに本日掲載!
クラウドファンディング終了まで残り10日!

実は私たち双子でのメディア掲載は初めてとなります。
双子の絡みも含めて楽しんでご覧ください。

 

・何故、本物志向のプロダクトにしたのか?
・MUKUを始めたキッカケ、転機とは?
・宮沢賢治「雨ニモマケズ」とコラボに至った経緯
・二人にとってお互いの存在とは?
・MUKUの今後について

(下記URLからご覧ください)
https://www.70seeds.jp/muku305/

 

わたしたち双子のやりたいこと、これからのVisionについて詳しく掲載いただきましたので、お手すきの際に是非お読みくださいませ。

70seeds、庄司智昭さんに鋭く切り込んだインタビューをしていただきました。
この場を借りて感謝申し上げます。

 

松田兄弟